厚労省・新建設助成金 評価制度や研修充実を支援 若年者の入職促進

2012.10.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

中小に30~60万円支給へ

 厚生労働省は平成25年度、建設業における若年労働者の確保と技能継承に重点を置いた助成金を新設する意向だ。中小建設業者が、若年労働者の受入れ・定着を図る目的で評価制度や研修体系、健康づくり制度などを整備した場合に30万~60万円を助成するほか、熟練技術を伝承する立場の職長や基幹技能者の養成に資する訓練を実施した際に、必要経費と支払った賃金分を支援する。新分野に進出する中小建設業者にも必要経費の3分の2を支給する考え。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年10月22日第2893号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ