禁煙タイム設定し離席時間制限 日新電機

2019.09.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 電気機器メーカーの日新電機㈱(京都府京都市、齋藤成雄代表取締役社長)は、就業中の喫煙を制限する「禁煙タイム」を導入した。社員の健康増進を図りつつ、喫煙による離席時間を限定してメリハリのある働き方を促す。

 本社工場では8時20分~9時半、12時45分~14時半など計4つの禁煙タイムを設定した。

 喫煙者にはタバコの害悪をイントラ上で表示する啓蒙活動や、健保組合が実費の7割を負担する禁煙治療への費用補助を行っている。

令和元年9月16日第3225号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ