副業者とマッチング 中小の外部人材活用支援 関東経産局

2019.08.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 関東経済産業局は、人材不足に悩む中小企業のために、副業・兼業やフリーランスなど外部人材活用のマッチング支援を開始する。

 同事業ではモデル地域を選定。地域コーディネート機関が、双方のニーズに沿った円滑な交流を促す。長野県塩尻市、神奈川県横浜市などを対象に実施するとしており、塩尻市では塩尻商工会議所がコーディネートを担うとしている。同事業に参加を希望する中小企業や外部人材のために募集サイトも開設した。

 来年2月には、…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年8月26日第3222号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ