【今週の視点】東京の特定(産別)最賃 金属系3業種、効力停止へ 労側の“絞込み”不発

2012.09.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

協約の地域拡張も壁高し

 東京で設定している特定(産業別)最低賃金のうち、出版業と鉄鋼業以外の効力停止が9月13日に決まった。使用者側の反対で審議会として金額改定の「必要性あり」という判断に至らなかったためだ。適用対象者を絞ってでも金額改定にこだわった労働側だったが思いは届かず、「労働協約の地域的拡張適用」戦略に思いを馳せるも、これまたハードルは高い。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成24年9月24日第2890号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ