中国人24人を採用 現地教育で即戦力に SYSHD

2019.06.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 中国人の大卒新卒採用を現地で進めている情報サービス業の㈱SYSホールディングス(愛知県名古屋市、鈴木裕紀代表取締役会長兼社長)は、来春24人が来日する予定を明らかにした。中国での採用は2年前から始めたもので、計27人が即戦力で活躍している。

 同社では現在、社員の11.9%に相当する88人の外国籍社員が働く。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年6月3日第3211号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ