冬季無災害運動で局長自ら呼びかけ 新潟労働局

2019.01.31 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 新潟労働局(井上仁局長)は、凍結などによる転倒災害を未然に防止するため「冬季無災害運動」を展開している。新潟駅前で井上局長をはじめ労働局職員がリーフレットやポケットティッシュを配布し、大雪や気温低下が懸念される2月末までは転倒災害に特に注意するようアピールした=写真

 同労働局管内で昨年度の冬季無災害運動期間中(平成29年12月~30年2月)に発生した277人の転倒災害を分析したところ、発生場所の7割近くが駐車場と通路であることが分かった。また、早朝の時間帯(6~9時)に4割が発生しているという。

 このため、同期間中の労働災害防止対策の強化に向け、事業者に対して自主的な災害防止活動の促進を呼びかける考えだ。

平成31年2月1日第2323号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ