重大事故防止へ好事例 リスクアセスの成功要因示す 3省庁合同 石油コンビナート関係で初

2018.04.10 【安全スタッフ】

 厚生労働省、総務省消防庁、経済産業省は、石油コンビナート関連事業者を対象に、災害防止に有効な取組みを行う22社を紹介した「リスクアセスメント良好事例集」を作成した。近年、石油コンビナートなどの事業所で発生している重大事故の原因が、リスクアセスメントの対応や人材育成などの不備にあることを踏まえ、リスクアセスメントの成功要因やメリットが理解できる内容となっている。石油コンビナート関係では初の試み。リスクアセスメントの実施により、作業手順書に新たな安全基準が追加され、手順書そのものの質が向上した事例や、日々の業務の注意点が可視化され、危険な設備を重点的に整備することが可能になった事例などがある。セミナー開催などを通じた支援も進めている。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成30年4月15日第2304号

あわせて読みたい

ページトップ