建設業者を指名停止 社保未加入下請と契約 近畿整備局

2016.04.08 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 国土交通省近畿地方整備局は、同局が発注した工事で社会保険に加入していない1次下請を使用したとして、建設業の田口建材㈱(兵庫県明石市)に対し、「工事請負契約に係る指名停止等の措置要領」に基づく1カ月の指名停止を行った。直轄工事で社保未加入による排除措置が実施されたのは全国で初めて。同社は、神戸地方・家庭裁判所明石支部庁舎整備工事において、国交省と結んだ工事請負契約書第7条に違反し、健康保険と厚生年金に加入していないとび・土木業者を1次下請契約の相手方としていた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年4月4日第3059号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ