連合と人材サービス団体 集中回答日前日に”共同宣言” 派遣の待遇改善へ

2016.03.10 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 連合は、派遣労働者の待遇改善、労働条件向上に向けた共同宣言を人材サービス業の2団体と近く交わす。底上げ、格差是正を最大の狙いとする16春闘の集中回答日(3月16日)前日に公表する段取りで、派遣元先それぞれの立場でできる取組みを通じ、派遣労働者がやりがいを持って働ける環境整備につなげる考えだ。安倍総理が指示した同一労働同一賃金に向けた政府対応よりも早く、同種の業務に従事する労働者の均衡を測るモノサシ作りも検討する。

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年3月7日第3055号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ