前年比10%減をめざす 災害防止で要請 和歌山労働局

2014.07.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 和歌山労働局(楪葉伸一局長)は5月26日、労働基準監督署長・労働災害防止団体等合同連絡会議を開催し、災害防止対策の強化を要請した。6~8月の3カ月を実施期間とした労働災害防止強化対策要綱を策定し、期間中の死傷者数を前年から10%以上減少させる目標を掲げている。

 楪葉局長は、「平成25年度からの5年間で労働災害による死傷者を15%以上減少させる目標を掲げているが、現在は横ばいの状況で推移している。一層強力な取組みが必要となる」と目標達成に向けて決意を新たにした。局長自らによる建設現場パトロールや関係者連絡会議の開催、災防団体を通じた事業場への啓発などを行っていく。

ジャンル:
平成26年7月1日第2213号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ