年休付与条件の緩和を 勤続期間短縮求める 厚労省・ガイドライン改定 10月1日適用

2017.10.23 【労働新聞】

育児・介護休業指針も見直し

 厚生労働省は、転職しても不利にならない年次有給休暇制度の普及を狙いとし、10月1日付けで労働時間等設定改善法に基づく指針(労働時間等見直しガイドライン)を改定した。労働者を雇入れたあと、初めて年休を付与するまでの継続勤務期間を短縮するよう要請している。年休の最大付与日数に到達する継続勤務期間の短縮も求めた。併せて、地域・学校の休業日や労働者の公民権行使へ配慮の必要性も明記している。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成29年10月23日第3133号1面

あわせて読みたい

ページトップ