若者応援企業第1号を公表 大阪労働局

2013.05.06 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 大阪労働局(森岡雅人局長)は、若者の採用・育成に積極的な企業をPRする「若者応援企業宣言」事業で、フードサービスの㈱蓬莱(大阪市浪速区)が宣言企業の第1号に名乗りを上げたことを明らかにした。

 同事業は、一定の労務管理の体制が整備されており、若者の求人を提出している企業の中でも35歳未満の者の採用・育成に前向きで、通常の求人情報よりも詳細な企業情報・採用情報を進んで公表する中小・中堅企業を「若者応援企業」として優遇し、PRなどの支援を行うもの。

 同社の登録情報によると、社内教育は、春の新卒採用と秋の途中採用の年2回の採用時期に本社で集合研修(座学や実習)を行い、その後もフォローアップ研修を継続する仕組みである。

関連キーワード:
平成25年5月6日第2919号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ