非喫煙者に賞与加算 賃金アップ要請受けて コシダカHD

2013.04.01 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 カラオケ店などを展開する㈱コシダカホールディングス(群馬県前橋市、腰髙博代表取締役社長、2924人)は、社員の健康増進を図るため非喫煙者を対象とする賞与加算制度を導入した。昨年9月~今年2月までの期間に喫煙をしていなかった者に3万円を支給する。新政権の賃金アップ要請に応えたもの。

 同社グループに所属する賞与支給対象の正社員および年俸制正社員のうち、賞与計算期間(9月~翌2月、3~8月の各6カ月間)中に「全く喫煙をしなかったと自己申告し、会社に認められた者」が対象となる。所定の申請書を上長に提出し承認を得る仕組み。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年4月1日第2915号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ