高収入者など対象外 無期契約転換ルールで 労契法建議

2014.03.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省の労働政策審議会(樋口美雄会長)は、労働契約法における有期労働契約の無期転換ルールに特例を設けるべきであるとする建議を、田村厚生労働大臣に提出した。

 特例対象となるのは、一定期間内に完了する業務に従事する高収入かつ高度な専門知識、技術または経験を有する労働者とした。対象範囲や年収などの具体的要件については、法案成立後改めて同審議会において検討するとしている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年3月3日第2959号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ