【今週の視点】解雇ルール明確化に踏み出せ

2013.04.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

専門家研究会も指摘 規制緩和とは一線画し

 政府の産業競争力会議(議長・安倍晋三内閣総理大臣)で、解雇規制見直しに向けた議論が進んでいる。解雇権濫用法理の内容が司法判断に委ねられていることによる不確実性が「過剰な防衛」を生み、企業活動を抑制しているというのが大方の見方だ。解雇権濫用法理の内容を可能な範囲で明文化し、予見可能性を高める作業に着手すべき時期に来ているのではないか。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年4月22日第2918号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ