ユースエール制度で自動車教習所を認定 岩手労働局

2016.01.11 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 岩手労働局(久古谷敏行局長)は、若者雇用促進法に基づき、全国で初めて自動車教習所の㈱エステーモータースクールをユースエール認定企業に認めた。同制度は平成27年10月に始まったもので、若者の採用・育成に積極的で、しかも直近3事業年度の新卒者などの正社員の離職率が20%以下、週60時間以上の労働時間の正社員の割合が5%以下などの基準を満たした企業を認定する。認定を受けると、ハローワークなどでPRに使えイメージアップを図れるほか、若者の採用・育成を支援する関係助成金の加算を受けられる。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年1月11日第3048号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ