社内副業で支援 ベンチャー4社が事例報告 男性育休セミナー

2022.05.25 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 広告代理業等を営む㈱SAKURUG(東京都渋谷区、遠藤洋之代表取締役)らベンチャー企業4社は、男性育休をテーマに自社での取得事例や推進策を報告するセミナーを開いた(写真)。

 AIを利用した不動産マッチング事業などを手掛けるファンタステクノロジー㈱(東京都渋谷区、國師康平代表取締役CEO)は、今年1月に…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年5月23日第3353号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。