大卒総合職の確定初任給  平均20万914円に 福岡経協・調査

2022.03.27 【Web限定ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 福岡県経営者協会は、2021年の賃金改定状況調査の結果を取りまとめた。大卒総合職の確定初任給の平均は20914円で、前年から665円上昇している。最高額は237800円、最低額は166000円だった。

 大卒一般職の確定初任給平均は、193017円となっている。大学院卒(博士)は213075円、大学院卒(修士)211540円、短大総合職179013円、短大一般職174004円だった。

 高専卒は、総合職が181384円、一般職が176012円。高卒者では、事務166216円、技術166216円、現業166225円となっている。

 確定初任給の平均上昇額が最も大きかったのは高専総合職で、1563円伸びた。次いで、短大総合職1373円、高専一般1347円、専修総合1273円、専修一般1194円となどと続いている。

 調査は会員企業390社に実施し、133社から回答を得た。

関連キーワード:

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。