復旧作業時の安全へ 東北支部が大会開く 埋立浚渫協会

2012.02.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 (社)日本埋立浚渫協会東北支部(柳田良一支部長:写真)は、東日本大震災の復旧作業での労災防止意識高揚を図るため、ホテルモントレ仙台(宮城・仙台市)で安全大会を開催した。

 大会では、墜落事故・海中転落の防止、潜水作業事故の防止、重機接触事故の防止の3点を重点項目として全力を挙げていくことを宣言。復旧作業が増加しているなかで、「東北支部の会員全員の英知を結集し、人命尊重を基本理念に行動する」とした。

 また、活動報告として、補助ロープを設置することで係船柱での手の挟まれを防いだ取組みなど、パトロールや安全研修会活動を通じて報告された好事例も発表された。

関連キーワード:
平成24年2月1日第2155号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。