上場企業17%が利用 雇調金約3000億円受給 民間調査

2021.03.08 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 東京商工リサーチの調べによると、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴って雇用調整助成金の特例措置が実施された昨年4月から今年1月末までに、上場企業の17%が同助成金を申請していたことが判明した。

 それによると、上場企業3833社のうち、648社、17%が同助成金を申請していた。受給額合計は2878億円に達している。昨年12月末から32社、408億円増加した。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和3年3月8日第3296号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ