『36協定』の労働関連ニュース

2019.08.07 【労働新聞】
確実な年休取得めざし点検活動 サービス連合

 旅行代理店やホテル・旅館業などの労働者で構成する産業別労働組合のサービス連合(後藤常康会長)は、第19回定期大会を開催した=写真。  承認された今後の方針では、2019年の秋季交渉において、改正労働基準法に関する取組みを行っていくとした。具体的には、同連合が策定するチェックシートを活用し、36協定の締結や年次有給休暇の確実な取得に関して……[続きを読む]

2019.07.18 【労働新聞】
月178時間残業で送検 納期迫り管理者過重に 観音寺労基署

 香川・観音寺労働基準監督署(村上誠署長)は4人の労働者に違法な時間外労働をさせたとして、㈱Wave Energy(東京都港区)と同社の課長代理を労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで高松地検に書類送検した。  同社は配電盤や太陽光発電設備の製造・販売などを営んでおり、香川県三豊市に製造拠点の工場を設けていた。… 【令和元年6月21日……[続きを読む]

2019.07.16 【労働新聞】
本社残業 RPAなどで月10時間へ 全体で年900時間削減 京王電鉄

社員調査を基に自動化  京王電鉄㈱(東京都多摩市、紅村康代表取締役社長)は、全社平均で月間20時間ある時間外労働の削減に向けて、RPA(ロボットによる業務の自動化)やAI(人工知能)を活用する。本社では月間の残業10時間をめざす。今後、社員の意見を踏まえてRPAなどへの置換え業務を検討し、労働時間削減だけでなく社員の満足度アップも図る。ま……[続きを読む]

2019.07.09 【労働新聞】
労働時間通算規定を適用 違法残業により送検 伊賀労基署

別の事業場で働かせる  三重・伊賀労働基準監督署(久保田洋一署長)は違法な時間外労働をさせたとして、中西総合運輸㈱とウエストウインド㈱および両社の代表取締役を務める男性らを労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで伊賀区検に書類送検した。同代表取締役は労働者1人を中西総合運輸で働かせた後、ウエストウインドで働かせた。労基法は異なる事業場で……[続きを読む]

2019.07.08 【労働新聞】
長時間労働是正へ 「共同宣言」を確認 連合東京と東京労働局

 連合東京(岡田啓会長)と東京労働局(前田芳延局長)は、令和元年度第1回労働問題懇談会を開催し「長時間労働是正に向けた共同宣言」を確認した(写真)。  今年4月、罰則付き時間外労働の上限規制導入など改正労働基準法が施行された。共同宣言では、長時間労働是正の重要性が広く社会に発信され、国民全体に浸透していくことが重要としている。連合東京と東……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ