『36協定』の労働関連ニュース

2024.02.14 【労働新聞 ニュース】
36協定が期限切れ 15人違法残業させ送検 立川労基署

 東京・立川労働基準監督署(石井美佐子署長)は、36協定の期限が切れていたにもかかわらず、労働者15人に対し、週40時間を超える時間外労働を行わせたとして、食品加工業の丸はし食品㈱(東京都府中市)と同社代表取締役を労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで東京地検に書類送検した。  同社は令和5年9月11~17日の1週間において、週40時……[続きを読む]

2024.02.01 【労働新聞 ニュース】
補修工事にも労基法33条適用 建設業の上限規制Q&A 厚労省

災害差し迫る状況で  厚生労働省は、「建設業の時間外労働の上限規制に関するQ&A」の追補分を公表した。経年劣化した道路などの補修工事について、そのまま放置してしまうと直ちに災害が発生する状況下の場合、非常災害などを理由とした労働時間の延長を可能とする労働基準法第33条(災害等による臨時の必要がある場合の時間外労働等)の適用が認められるとし……[続きを読む]

2024.02.01 【労働新聞 ニュース】
労基法改正視野に研究会 「過半数代表」など論点 厚労省

働き方のニーズが多様化  厚生労働省は、労働基準法などの見直しに向け、労働法学者らによる有識者研究会「労働基準関係法制研究会」(座長・荒木尚志東京大学大学院教授)を設置し、初会合を開いた。働き方に対するニーズの多様化を受け、それに対応できる労使コミュニケーションや労働時間制度のあり方などについて検討する。会合では、労働組合の組織率低下など……[続きを読む]

2024.01.31 【労働新聞 ニュース】
36協定無効で送検 労災保険請求受け調査 福岡労働局

 福岡労働局(小野寺徳子局長)は、労働者1人に対し、有効な36協定の締結・届出がないまま、時間外労働をさせたとして、建設業の㈱菱熱(福岡県福岡市)と同社工事部長を労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで福岡地検に書類送検した。同社で発生した労働災害の労災保険給付の請求を受け、労働時間数などを調査していく過程で違反が発覚している。  同社……[続きを読む]

2023.11.27 【労働新聞 ニュース】
違反率9割超える 運送事業場の監督結果 北海道労働局

 北海道労働局(三富則江局長)は、トラック、バス、タクシーなど自動車運転者を使用する事業場を対象に、昨年行った監督指導の状況を公表した。調査した184事業場のうち、90.8%に当たる167事業場で、労働基準関係法令違反を確認した。9割を超えたのは、昨年(91.4%)に引き続き2年連続。  違反率を項目別にみると、36協定の範囲を超えた時間……[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。