『36協定』の労働関連ニュース

2019.03.15 【労働新聞】
「36協定」知って! 連合が記念日制定イベント 罰則付き上限規制控え NEW

 連合は3月6日、「36協定」の重要性を全国に広める目的で立ち上げた「36(サブロク)の日」制定記念発表会を東京都内で開催した。まずは大手を対象に4月から始まる時間外労働の上限規制(罰則付き)の実効確保を狙うもの。  イベント会社とタイアップした催しは労組らしからぬ演出が施され、お笑い芸人の岡田圭右さん、キンタロー。さんとともに舞台袖から……[続きを読む]

2019.03.07 【労働新聞】
連合と技能協 長時間労働是正で意気投合 「共同宣言」を締結

“上限規制”実効高める  連合(神津里季生会長)(一社)日本生産技能労務協会(青木秀登会長)は2月27日、長時間労働の是正に向けた「共同宣言」を締結した(写真)。実現に不可欠な「36協定の適正な締結」を社会全体に訴えていく重要性について意気投合したもので、4月から始まる改正労働基準法に基づく「罰則付き時間外労働の上限規制」の実効性確保を狙……[続きを読む]

2019.02.20 【労働新聞】
152時間残業させ送検 複数回の勧告に応じず 池袋労基署

 東京・池袋労働基準監督署(金田文人署長)は、違法な時間外労働をさせたとして、貨物運送業の泉流通㈱(東京都練馬区)と同社代表取締役を労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで東京地検に書類送検した。  同社は、平成28年6月、労働者2人に対して、36協定で定めた1日7時間、1カ月93時間の限度時間を超え、違法な時間外労働をさせていた。…[続きを読む]

2019.02.05 【労働新聞】
合同捜査で運送会社を送検 36協定なく過重労働させる 東金労基署・葛飾警察署

2人死傷の事故発生  千葉・東金労働基準監督署(工藤仁美署長)は警視庁葛飾警察署と合同捜査を行い、36協定を締結・届出せず時間外労働をさせたとして、貨物自動車運送業を営む㈲アクトコーポレーションと同社の取締役を労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで千葉地検に書類送検した。昨年5月、同社の労働者が配送中に過労が原因とみられる居眠り運転を……[続きを読む]

2019.02.01 【労働新聞】
延長平均616時間に 限度を256時間オーバー 連合傘下の特別条項付き36協定

 連合が構成組織(産別)を通じて単組の労働条件の実態を探った調査によると、大半の組合(91.7%)が特別条項付き36協定を会社と結び、そのうち「年間」の特別延長時間の平均は616時間だったことが分かった。限度時間である360時間を256時間も上回っている実態にある。  締結率が9割を超えたのは昨年(90.7%)に続いて2年連続。部門別に比……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ