『高齢者雇用』の労働関連ニュース

2020.02.19 【労働新聞】
【今週の視点】高齢者の労働災害防止へ 生涯現役社会に向け

身体機能低下で転倒増加  厚生労働省は、高齢者の働きやすい職場環境の実現へガイドライン案を作成した。65歳を過ぎても働く意欲のある高齢者が増え、生涯現役社会に向かいつつあるものの、安全衛生対策の取組み状況は活発といい難い。高齢者は身体機能低下により転倒災害発生のリスクも高まる。ガイドライン策定の機運に乗り、事業所は改善を進めたい。…[続きを読む]

2020.02.12 【労働新聞】
高齢者の安全 健康で「指針」 厚労省が報告

 厚生労働省は、「人生100年時代に向けた高年齢労働者の安全と健康に関する有識者会議」の検討報告書をまとめた。  高齢者が働きやすい職場環境を実現するため、労使の取組みを促進するガイドラインを作成することが適当としている。[続きを読む]

2020.02.05 【労働新聞】
【今週の視点】高齢者 課題は公正な処遇と評価 差が付く賃金制度へ 

継続給付の縮小見据え  雇用保険の高年齢雇用継続給付について、給付率を大幅に引き下げる方針が示された。65歳までの雇用確保がほぼ達成されている現状に鑑み、同給付の役割を見直す必要性が指摘されていた。今後企業側では、給付率縮小を踏まえた人事賃金制度の見直しが課題となる。高年齢者の会社貢献度を「公正に再評価」する仕組みの整備を急ぐ必要がある。……[続きを読む]

2020.01.30 【労働新聞】
複数就業者 雇保・労災で保護強化 一括5法案提出へ 通常国会 厚労省

70歳まで就業促進も  厚生労働省は、雇用保険法改正案、高年齢者雇用安定法改正案、労災保険法改正案など、主要労働5法案をまとめた「雇用保険法等の一部改正案要綱」を作成した。今通常国会へ一括審議法案として提出する。マルチジョブホルダー(複数就業者)に対する雇用保険と労災保険の適用に関する取扱いや高年齢者の70歳までの就業機会の確保などが柱と……[続きを読む]

2020.01.29 【安全スタッフ】
体力チェックが有効 水準未満なら環境改善を 厚労省・高齢者の働き方で指針案

 厚生労働省の「人生100年時代に向けた高年齢労働者の安全と健康に関する有識者会議」は報告書案を取りまとめた。労使の取組みを促進するガイドライン(案)を示している。高齢者の労働災害を防止するため、事業者、働く高齢者双方が体力の状態を客観的に把握することを重要視。事業者は体力に合った作業に従事させるとともに、高齢者は自らの身体機能の維持向上……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ