string(34) "/news/news_tag/%E9%AB%98%E5%8D%92/"
string(8) "news_tag"

『高卒』の労働関連ニュース

2018.06.28【労働新聞】
高卒新入社員の長期定着へ研修 アスバシ

 高校生を対象としたインターンシップや、高卒で働く労働者のサポートを実施している一般社団法人アスバシ(毛受芳高代表理事)は今年度、高卒で企業に就職した新入社員向けの研修制度を開始した。一般的な新入社員研修は大卒を対象に設計されているとみており、高卒新入社員の心の状態や入社後の変化に着目して、長期的な定着につながるよう内容を設計しているのが……[続きを読む]

2017.12.14【労働新聞】
【今週の視点】高卒シフトなら逆転も一考

学歴より経験重視で 内定率が過去最高水準に バブル期を上回る1.5倍台の有効求人倍率が続くなか、人的要因から大きな手を打つ企業が増えてきた。新卒採用市場でも大卒・高卒の内定率が過去最高を更新し、初任給水準の改善が続いている。初めからハンディキャップがある大卒の獲得競争に邁進するよりも、中長期の定着を念頭に、まずは地元の高卒人材に目を向けた……[続きを読む]

2017.08.07【労働新聞】
30年高卒求人初任給 技術・技能系が18万円超に 人手不足業種で意欲 本紙調査

建設や運輸はほぼ19万円 来春高校を卒業する生徒に対して企業が提示している高卒求人初任給の水準を本紙が実地に調べたところ、技術・技能系18万1994円、販売・営業系17万8905円、事務系17万728円などとなり、前年より順に23円減、6581円減、4420円増となった。技術・技能系の建設や運輸関連で18万~19万円近い水準となり、人手確……[続きを読む]

2014.08.18【労働新聞】
平成27年高卒求人初任給 建設・技術系で18万8000円 前年比5千円超増加 本紙調査

"人手不足感"色濃く反映 来春卒業する高校生を対象とした求人初任給水準を本紙が調査したところ、技術・技能系で17万8486円となり、前年比4332円の増加であることが分かった。とくに建設業(18万8149円)は5000円超の増加で、企業の人手不足感を色濃く反映している。技術・技能系は、製造業(17万3227円)とサービ……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ