『賞与』の労働関連ニュース

2024.06.27 【労働新聞 ニュース】
賞与評価 部下の離職率など指標に 営業実績以外で10% 大東建託

支店長へ「健全経営」促す  大東建託㈱(東京都港区、竹内啓代表取締役社長)は、全国204拠点の全支店長の賞与評価に、部下の離職率や年次有給休暇取得率、障害者雇用率などの「支店健全経営度」を測る指標を導入した。今年4~9月を対象期間とする10月の人事評価から適用していく。従来の営業実績による評価のウエートを90%に抑え、10%を同指標で評価……[続きを読む]

2024.06.18 【労働新聞 ニュース】
能力開発 正規と非正規で処遇反映に格差 ものづくり白書

 政府は、令和5年度のものづくり白書(ものづくり基盤技術の振興施策)を閣議決定した。能力開発を通じて能力・スキルを身に着けた場合に昇給や賞与へ反映させているかどうかについて、正社員と非正社員間で大きな差がある現状を明らかにしている。  正社員については、身に着けた能力・スキルを昇給(基本給の引上げ)に反映させているものづくり企業が55%で……[続きを読む]

2024.05.23 【労働新聞 賃金調査】
【賃金調査】中労委 令和5年賃金事情調査/大手の大卒モデル賃金 55歳61.7万円がピーク 前年ベア分は7200円弱

中高年層で伸び悩み  大企業380社の賃金実態を継続的に調べている中央労働委員会の「賃金事情調査」によると、大学卒の事務・技術(総合職)のモデル賃金は、22歳で23.4万円、35歳で40.3万円、45歳で54.2万円などとなり、ピークを迎える55歳は61.7万円だった。35歳以下の若年層で前年比3%前後の伸びを示した一方、中高年層は最大0……[続きを読む]

2024.05.03 【Web限定ニュース】
5年年末の賞与 0.7%増の39.6万円に 支給月数は1.05カ月 厚労省・集計

 厚生労働省は、令和5年年末賞与の支給状況を取りまとめた。支給事業所(事業所規模5人以上)における労働者1人平均額は39万5647円で、前年同時期と比べて0.7%増加している。  年末賞与は毎月勤労統計調査のなかで調べたもの。5年11月~6年1月の「特別に支払われた給与」のうち、賞与として支給された給与を集計している。  平均賞与額を産業……[続きを読む]

2024.04.25 【労働新聞 賃金調査】
【賃金調査】厚労省・令和5年賃構 役職者・標準者賃金/中企業・課長は47万円に 大卒・男性標準者 ピーク時で58万円

大手との格差20%  厚生労働省「令和5年賃金構造基本統計調査」によると、課長級の平均所定内給与は大企業で59.1万円、中企業で47.0万円、小企業で40.3万円だった。大企業の水準に比べて中企業は20%低く、小企業は32%低くなっている。新卒で入社し継続勤務している「標準者」の所定内給与は、大学卒・男性のピークが55~59歳57.9万円……[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。