『賞与』の労働関連ニュース

2020.01.24 【労働新聞】
冬季ボーナスは2.3%増加に 福岡経協

 福岡県内企業の昨年の冬季ボーナスの平均額は56万8398円と、前年から1万2951円(2.33%)増加したことが、福岡県経営者協会(竹島和幸会長)の調査により分かった。製造業は69万4498円で前年比2万4036円(3.58%)増、非製造業は51万8581円で8572円(1.68%)増だった。  前年実績との比較では63.7%の企業が「……[続きを読む]

2019.12.19 【労働新聞】
最大17万円引上げ 若手中心とした賞与 九州2地銀

 ㈱九州フィナンシャルグループの㈱肥後銀行(笠原慶久頭取)と㈱鹿児島銀行(松山澄寛頭取)は今年度下期の賞与から支給額を引き上げた。前年比で最大引上げ額は肥銀が17万円、鹿銀が15万円だった。行員の業績や生産性向上への貢献に報いるとともに、持続可能な地域社会の実現に向けた今後の活躍・成長への期待を込めた。  肥後銀行では、…[続きを読む]

2019.10.31 【労働新聞】
【賃金事例】mediba/スキル発揮と月例給を連動 組織変革へ管理職4系統に

全18種類の「職能」定義  ㈱mediba(東京都港区、江幡智広社長)は今年10月、スキル評価を基準とし、行動指針に基づく360度の評価を加味して処遇する新人事制度を導入した。職種に相当する「職能」18種類を新たに定義し、専門性・スキルの発揮度をダイレクトに資格等級、基本給の改定へ結び付けていく。個人業績偏重型だった旧制度の課題を踏まえ、……[続きを読む]

2019.10.17 【労働新聞】
【賃金調査】国税庁/平成30年民間給与実態 平均年間給与 正規・男性560万円に 過去最高の2.3%増

非正規・女性は150万円  国税庁の民間給与実態統計によると、昨年1年間を通して勤務した正規従業員・男性の平均年間給与は560万円だった。前年比では2.3%増となり、めだった伸び率を示している。女性についても堅調で、正規は2.5%増の386万円、非正規は2.2%増の154万円だった。一方、役員も含めた全体平均では、年間給与が2.0%増の4……[続きを読む]

2019.09.19 【労働新聞】
【賃金調査】介護労働安定センター/介護労働実態調査 介護職員の月給者21.5万円 伸び幅3300円増に

パート時間給 訪問介護員1300円弱  介護労働安定センターの平成30年介護労働実態調査によると、月給制で働く介護職員の所定内賃金は21.5万円だった。前年に比べて3300円、1.5%上昇し、6年連続で改善している。調査対象の全8職種ともプラスとなっており、訪問介護員は3.9%増の20.6万円、サービス提供責任者は1.5%増の23.4万円……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ