『賃金調査』の労働関連ニュース

2021.01.14 【労働新聞】
【賃金調査】経団連東京経協 20年3月卒初任給調査/大卒・事務系 21.8万円で横ばい

引上げ額は1500円 6割弱が水準据置き  経団連と東京経営者協会が実施した2020年3月卒の決定初任給調査によると、大学卒・事務系は21万8472円、技術系は21万7864円だった。前年実績からの引上げ額はそれぞれ1531円、1185円で横ばいとなっている。初任給の引上げ改定をした企業は全体の42.6%で、前年調査と比較して14.6ポイ……[続きを読む]

2020.12.17 【労働新聞】
【賃金調査】愛知経協 愛知のモデル賃金/総合職モデル 大卒35歳で32.7万円 ピークは初任時の2.3倍に

パート賞与 事務18.9万円、製造18.8万円  愛知県経営者協会が実施した「愛知のモデル賃金」調査によると、総合職・大卒のモデル賃金は22歳20.7万円、35歳32.7万円、50歳46.1万円などとなり、ピークの60歳は46.9万円だった。初任時に対するピーク時の水準は、2.27倍となっている。パートタイマーについては、種別の平均時間給……[続きを読む]

2020.12.10 【労働新聞】
【賃金調査】厚労省 賃金引上げ等の実態調査/100人以上の改定額 652円減り4940円 7年ぶりに5000円割る 

賃金カット実施は11%  賃金改定額が7年ぶりに5000円を割り込み4940円に――厚生労働省の「令和2年 賃金引上げ等の実態に関する調査」で、こんな結果が判明した。規模100人以上の企業における賃金改定額は、前年結果から652円ダウンしている。所定内賃金に対する改定率は1.7%で、平成28年以来の2%未満となっている。賃金カットをした企……[続きを読む]

2020.12.03 【労働新聞】
【賃金調査】厚労省・令和2年 介護従事者処遇等調査/介護職員・基本給 3000円増で18.2万円に 平均給与額は31.5万円

「特定加算」の取得率63%  厚生労働省の「介護従事者処遇等調査」によると、処遇改善加算を取得した事業所における介護職員の平均基本給は18.2万円だった。1年前17.9万円と比較すると3000円アップしている。手当・賞与を含んだ平均給与額は31.5万円だった。職種別の平均給与額は、社会福祉士35.3万円、介護福祉士32.9万円などに。「特……[続きを読む]

2020.11.19 【労働新聞】
【賃金調査】厚労省・令和2年 就労条件総合調査/諸手当 支給総額は1人平均4.8万円 5年前から5300円増加

役付手当 2800円増えて4.1万円に  厚生労働省の就労条件総合調査によると、常用労働者の平均所定内賃金31万9700円のうち、諸手当の総額は4万7500円、全体に占める割合は14.9%だった。5年前の前回調査との比較では、所定内賃金が8100円、諸手当が5300円アップしている。「役付手当など」の支給額は2800円増の4万1600円、……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ