『製造業』の労働関連ニュース

2020.01.24 【労働新聞】
冬季ボーナスは2.3%増加に 福岡経協 NEW

 福岡県内企業の昨年の冬季ボーナスの平均額は56万8398円と、前年から1万2951円(2.33%)増加したことが、福岡県経営者協会(竹島和幸会長)の調査により分かった。製造業は69万4498円で前年比2万4036円(3.58%)増、非製造業は51万8581円で8572円(1.68%)増だった。  前年実績との比較では63.7%の企業が「……[続きを読む]

2020.01.22 【労働新聞】
仕入れ物流見直す 9月から「引取り形式」 トヨタ NEW

 トラックドライバー不足が深刻さを極めるなか、トヨタ自動車㈱(愛知県豊田市、豊田章男代表取締役社長)は今年9月、東海地域における部品の仕入れについて一部を「引き取り物流」に切り替える。現在は、各部品仕入先企業がそれぞれ物流事業者を手配する「お届け物流」形式を採用している。  「引き取り物流」は、…[続きを読む]

2020.01.21 【労働新聞】
日本の生産性は主要国中で21位 生産性本部発表 NEW

 日本の時間当たり労働生産性は46.8ドルで、OECD加盟36カ国中21位に――日本生産性本部がまとめた「労働生産性の国際比較2019」で分かったもので、順位は前年と変わらなかった。  日本の順位は、50ドル代で並ぶイタリア(57.9ドル)やカナダ(54.8ドル)、OECD平均(56.1ドル)をやや下回るくらいの水準にある。1980年代後……[続きを読む]

2020.01.20 【労働新聞】
車部品製造業を送検 残業170時間超え 岡崎労基署 西尾支署 NEW

 愛知・岡崎労働基準監督署西尾支署(木下竜也支署長)は、36協定で定めた特別条項の限度時間を超える時間外労働を行わせたとして、自動車部品製造業の山崎工業㈱(愛知県刈谷市、山崎章代表取締役社長)と同社西尾工場の工場長を、労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで名古屋地検岡崎支部に書類送検した。  同社は平成30年10月1~31日、… 【令……[続きを読む]

2020.01.10 【労働新聞】
クレーン無許可製造 書類送検を受け適正設置呼掛け 東金労基署・講習

 千葉・東金労働基準監督署(居石和樹署長)はクレーンの適正な設置・使用に関する講習会を開催した(写真)。昨年10月に無許可でつり上げ荷重3ポイント以上のクレーンを製造した金属加工業者を労働安全衛生法違反容疑で送検したことを受けたもので、田路穂波監督官が送検事例を解説した。  つり上げ荷重3ポイント以上のクレーンを製造する場合、…[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ