『製造業』の労働関連ニュース

2021.11.28
健診・特定保健指導の実施率100%の建設業者を大賞に 三重県・健康経営で NEW

 三重県は、「三重とこわか健康経営大賞2021」の受賞企業を決定、表彰した。大賞には、大企業部門では富士フイルムマニュファクチャリング㈱鈴鹿事業所(鈴鹿市)、中小企業部門ではイケダアクト㈱(鈴鹿市)を選出している。  富士フイルムマニュファクチャリングでは、産業医をはじめとした全ての医療スタッフ全員が女性で構成されている健康推進室を設置し……[続きを読む]

2021.11.26 【労働新聞】
今冬賞与38万円超に コロナの影響一段落か シンクタンク・予想 NEW

 民間企業の冬のボーナスの1人当たり支給額が、38万円を超える見込みであることが民間シンクタンクの予想により分かった。新型コロナウイルスの感染拡大の影響は一段落つき、前年比0.1%減~0.8%増になるとしている。  最も高い増加幅を予測したのはみずほリサーチ&テクノロジーズで、…[続きを読む]

2021.11.18 【労働新聞】
【フォーカス】本田技術研究所/“尖った若き才能”獲得へ 「はずれ値人材」と交流 

現場社員がイベント開く  出でよ、尖った人材!!――ホンダの研究開発機関である㈱本田技術研究所(埼玉県和光市、大津啓司代表取締役社長)では、AIに関するグループの現場社員が主体となり、異能人材の獲得に向けたイベントを初めて開催した。求める人材像を「はずれ値人材」と定め、特定分野に秀でた才能を持つ若手との出会いの場を企画した。イベントは組織……[続きを読む]

2021.11.18 【労働新聞】
偽装請負 直接雇用成立を認める 申込みみなし初適用 大阪高裁

発注者が実質的な指示  住宅建材の製造販売を営む東リ㈱と業務請負契約を締結していた会社の労働者5人が、労働契約申込みみなし制度に基づき直接雇用成立の確認を求めた裁判で、大阪高等裁判所(清水響裁判長)は5人の直接雇用成立を認め、バックペイ支払いを命じた。みなし制の適用を認めた判決は全国初とみられる。5人は東リ伊丹工場で建材の製造に従事してい……[続きを読む]

2021.11.12 【労働新聞】
初審救済命令を維持 派遣元の団交拒否と判断 中労委

 中央労働委員会第3部会(畠山稔部会長)は派遣元である㈱アウトソーシング(東京都千代田区、土井春彦代表取締役)が解雇撤回に関する団体交渉に応じなかったとして、合同労組が救済を求めた事案で、神奈川県労働委員会の初審命令に続き、不当労働行為に当たると判断した。  同社は派遣労働者を解雇しておらず、… 【令和3年10月25日命令】[続きを読む]

ページトップ


ご利用いただけません。