『表彰』の労働関連ニュース

2022.06.14 【労働新聞 ニュース】
手作りマップを作成 ㈱マスターなど4社表彰 国交省・自転車通勤推進

 国土交通省は、今年度の自転車通勤推進優良企業を認定し、表彰式を開いた。石鹸製造業の㈱マスター(大阪府堺市、114人、奥中泰征代表取締役社長=写真右)など、計4社を表彰している。  優良企業の表彰は、労働者の健康増進を目的とする「『自転車通勤推進企業』宣言プロジェクト」の一環。駐輪場の確保などの要件を満たす企業を「宣言企業」として認定し、……[続きを読む]

2022.04.18 【労働新聞 ニュース】
不妊治療支援 北ガスを表彰 厚労省

 厚生労働省は令和3年度の「不妊症・不育症サポート企業アワード」の大臣表彰で、最優秀賞に北海道ガス㈱(北海道札幌市、大槻博代表取締役社長)など2社を選定した。同表彰は昨年度から始まったもの。  同社は昨年6月、従業員アンケートの結果を踏まえ治療費の補助制度や休暇制度を整備した。  治療費の補助制度では、保険適用外の部分に対して最大7割を支……[続きを読む]

2022.04.16 【Web限定ニュース】
営業社員はリモート商談を徹底 包装資材メーカーを大賞に選出 東京都・テレワークで

 東京都は、第2回「TOKYOテレワークアワード」受賞企業を公表した。大賞には、食品包装資材メーカーの㈱吉村(品川区、225人)を選出している。  同社では、「工場現場を含めた全社員が参加するオンライン会議の開催」、「営業社員のリモート商談を徹底するなど、多様な職種で『週3日・社員7割以上のテレワーク』」などに取り組んでいる。  推進賞に……[続きを読む]

2022.04.15 【安全スタッフ ニュース】
セーフワーク期間 40社がゼロ災達成 観音寺労基署

 香川・観音寺労働基準監督署(山下昌利署長)は、建設業のゼロ災を目指して年末年始に実施した「SafeWork西讃」で、期間中に無災害だった事業者に達成証を交付した。運動には47社が参加し、40社が63日間の労災ゼロを達成している。  山下署長が、達成企業代表の光工業㈱に達成証を手渡し、「目に見える取組みとして、トップによるセーフワーク宣言……[続きを読む]

2022.04.14 【安全スタッフ ニュース】
階段の踊り場に段数と名物標示 厚労省が見える化事例

 厚生労働省は、令和3年度「『見える』安全活動コンクール」の優良事例を決定した。742の応募事例から80事例を選出し、優良事例には表彰状を授与している。応募件数はここ数年で最も多かったという。例えば、高年齢労働者の特性などに配慮した労働災害防止の「見える化」では、工事現場の階段を枠組み3スパン使用して左右に踊り場を設け、各踊り場には「段数……[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。