string(52) "/news/news_tag/%E7%A4%BE%E5%93%A1%E7%A0%94%E4%BF%AE/"
string(8) "news_tag"

『社員研修』の労働関連ニュース

2018.08.21【労働新聞】
1カ月以上取得を 男性社員の育休で「宣言」 積水ハウス

 積水ハウス㈱(大阪府大阪市、仲井嘉浩代表取締役社長)は、9月から男性社員に1カ月(31日)以上の育児休業を完全取得させる「宣言」を発表した。最初の1カ月は有給扱いにしている。 3歳未満の子を持つ男性社員全員に、子が3歳を迎えるまでに1カ月以上の育休を取得させる。業務との調整を考慮し、1日単位で分割して取得可能とした。1カ月以上の育休を取……[続きを読む]

2018.08.08【労働新聞】
【フォーカス】エス・エー・エス/階層別キャリア開発研修 新入社員は3カ月外部に

内部講師から変更 他社と交わり視野広げる IT業のエス・エー・エス㈱(東京都港区、青山秀一代表取締役、126人)は、エンジニアを中心に社員教育に注力する。一般社員は4階層に区分したうえで、グレードに応じて「階層別キャリア開発研修」を行う。各グレードで習得すべき知識やスキル、資格などを明確化することで、キャリアアップの道筋を付け、社員の意識……[続きを読む]

自らのキャリア形成などを考えさせる
2018.06.22【労働新聞】
研修施設開所 商品価値伝える人材の育成狙う ルミネ

 ㈱ルミネ(東京都渋谷区、森本雄司代表取締役社長)は今月1日、ルミネ池袋が入る複合施設に研修施設をオープンした。同社初の試みで、テナント店舗の従業員も利用できるのが特徴だ。しっかりと顧客に商品の価値を伝えられる人材の育成を狙う。 「ルミネ」と「寺子屋」から名前を取り「ルミコヤ」と命名した同施設は、3つの研修ルーム、研修に参加した従業員が交……[続きを読む]

2018.05.16【労働新聞】
【フォーカス】横浜ゴム/グローバル人材の育成 海外工場で体験型研修

新卒入社後に2カ月 “積極性こそ大事”と体感 横浜ゴム㈱(東京都港区、山石昌孝代表取締役社長、連結=2万5439人)は、グローバル展開へ柔軟に対応できる人材の育成に力を注ぐ。大卒・大学院卒の総合職は海外法人や工場などに1~2カ月間滞在し、現地の社員や作業員と一緒に仕事をする。異文化や外国人へのアプローチを体験し、学ぶことが目的だ。滞在中は……[続きを読む]

現地工場で初歩的作業を体験する
2018.05.14【労働新聞】
中小企業での研修が積極化 東商アンケート

 東京商工会議所が実施した「従業員研修の実施状況に関するアンケート」で、2017年度の研修費用を前年度に比べて増やした企業が4割に上ることが分かった。18年度の研修予算を増加させる予定の企業も3割近くあり、人材育成に積極的な企業の姿勢が浮かび上がった。 2017年度の研修費用の前年度比を尋ねたところ、「変わらない」46.2%が最多で、「増……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ