『社労士』の労働関連ニュース

2022.08.01 【労働新聞 ニュース】
専用相談窓口を設置 ドライバーの時間減へ 厚労省

 厚生労働省は8月1日、トラック運転者の労働時間削減に向け、荷主や運送事業者からの労務管理・取引環境の改善に関する相談に応じる特別相談センターを設置する。社会保険労務士などが相談対応やコンサルティングを実施していく。  たとえば、トラック運送事業者は、来年4月から中小企業にも適用される月60時間超の割増賃金率引上げへの対応や、労働時間等改……[続きを読む]

2022.07.19 【労働新聞 ニュース】
専門士業としてデジタル化支援 全国社労士会総会

 全国社会保険労務士会連合会(大野実会長)は、令和4年度の通常総会を開いた(写真)。大野会長は、「社労士を取り巻く環境の変化を的確に捉え、社労士制度のさらなる発展に資する施策について使命感を持って取り組んでいく」と話している。社労士がデジタル化を支える専門士業であると広く周知し、中小企業のデジタル化支援を強化していきたいとした。  社労士……[続きを読む]

2022.04.21 【労働新聞 ニュース】
最低賃金法違反 高齢者の時給650円に引下げ 社労士も共謀し送検 津島労基署

3年前は技能実習生で  愛知・津島労働基準監督署(鈴木基義署長)は、労働者3人を最低賃金額未満の時給で働かせたとして、織物修正加工業の㈱アイ・アール・ジェイのほか、同社取締役会長や顧問社会保険労務士事務所の社労士など計5人を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の疑いで津島区検に書類送検した。同労基署によると、同会長は高齢を理由に時給を引……[続きを読む]

2022.03.01 【労働新聞 ニュース】
管理職登用を支援 女性候補育成へ研修も 福井県・来年度新事業

 福井県は来年度からの新規事業として、企業の女性管理職登用を支援するための専門家派遣や、積極登用企業のPRを計画している。お茶の水女子大学と協働で行っている女性のためのキャリアアップ研修も、各企業から推薦を受けた管理職候補と、係長など将来のリーダー候補に対象を分けて、それぞれのポジションに求められる能力開発に特化したコースを新設する。  ……[続きを読む]

2022.02.04 【労働新聞 ニュース】
助成金不正申請 社労士が無断で虚偽の書類作成 京都労働局・公表

 京都労働局(金刺義行局長)は、千原社会保険労務士事務所(大阪府大阪市)の社労士が、非正規雇用者の待遇向上を目的とするキャリアアップ助成金(正社員化コース)を不正受給しようとしたことを公表した。  同社労士は昨年1月頃、… 【令和4年1月26日公表】[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。