『社労士』の労働関連ニュース

2019.02.08 【労働新聞】
「感謝」テーマの祭りを開催 大分県社労士会

 大分県社会保険労務士会(間部勝幸会長)は、このほどJR大分駅前広場で「社労士まつり」を開催した(写真)。社労士制度創設50周年記念行事の一環。同会5支部が地域物産であるからあげやごま出汁うどんなどを販売、七島藺の加工実演を行ったほか、会員の顧問先も大分名物などを販売した。  子供太鼓、フラダンスなど会員やその家族による出し物も多数あり、……[続きを読む]

2019.01.30 【労働新聞】
社労士を告訴・送検 助成金詐取の疑いで 栃木労働局

 栃木労働局は、国の助成金をだまし取ったとして、同県内の社会保険労務士(61歳・男性)を栃木県警宇都宮中央警察署に告訴したと発表した。同警察署は詐欺罪の疑いで同社労士を宇都宮地検に書類送検した。  同社労士がだまし取ったのは職場意識改善助成金の「職場環境改善コース」。平成27年度に同県内の有限会社から助成金の申請を委託され、…[続きを読む]

2019.01.17 【労働新聞】
連合と社労士 残業ルールで共同宣言 36協定普及を促す

「上限規制」の開始控え  4月施行の「罰則付き時間外労働の上限規制」で、連合(神津里季生会長)と全国社会保険労務士会連合会(大西健造会長)は1月7日、「共同宣言」を締結した。長時間労働を見直し、多様な人材が活躍できる職場環境にすることが、人口減少国家・日本の喫緊の課題という認識を共有したもの。労働組合のない世の中の多くの中小企業などに同様……[続きを読む]

2018.12.25 【労働新聞】
さらなる地位向上へ 両陛下ご臨席で50周年式典 全国社労士会連合会

 全国社会保険労務士会連合会(大西健造会長)は12月5日、天皇、皇后両陛下のご臨席の下、社会保険労務士制度創設50周年記念式典を東京国際フォーラム(東京都千代田区)で開催した=写真。制度発展に尽くした功労者の表彰を行ったほか、式典の開催に合わせ、大槻哲也同連合会最高顧問の記念講演やシンポジウムを行った。  大西会長は式辞で、「社会保険労務……[続きを読む]

2018.10.30 【労働新聞】
創造力強化へ働き方改革を 東京社労士会

 東京都社会保険労務士会(大野実会長)は、社会保険労務士制度創設50周年記念事業として、「働く人の未来を幸せにしたい」をテーマに、経営者や人事総務担当者向けのシンポジウムを開催した。岸博幸慶應義塾大学大学院教授(写真)の基調講演や、パネルディスカッションを行った。 基調講演で岸教授は、企業に働き方改革が求められている理由を解説した。企業の……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ