『産学官』の労働関連ニュース

2020.11.10 【労働新聞】
AI人材育成へ連携 産学官19団体で運営組織 山形県

 山形県内の企業、大学、行政ら産学官の19団体は、地域一体で連携してAI人材の早期育成を進めるため、「やまがたAI部運営コンソーシアム」を設立した。企業13社をはじめ山形県など4行政機関、山形大学・東北芸術工科大学の2校で組織し、持続的成長が可能な“県内循環経済圏”の形成を狙う。同県内の高校11校でウェブ講義、実地研修、ワークショップを実……[続きを読む]

2017.06.27 【労働新聞】
IoT導入を支援 産学官の専門チームを派遣 福井県

 福井県は、中小企業でのIoT導入を支援する取組みを拡充した。導入を検討している企業に産学官のプロジェクトチームを派遣し、各企業の課題に沿った導入方法をアドバイスしていく。製造業を対象に昨年度実施した取組みを商業・サービス業に拡大したもの。 プロジェクトチームは、NPO法人福井県情報化支援協会や県内IT企業、学識経験者などで構成。今年度は……[続きを読む]

2012.12.10 【労働新聞】
外国人留学生の就業促進 産学官協働で一貫支援へ 協議会設立を提唱 関経連

企業は通年採用導入も  関西経済連合会は、企業におけるグローバル人材の確保に向けて、「産学官協働事業による外国人留学生の就業支援の強化」に関する報告書を取りまとめた。入学から卒業、入社までの一貫性のある支援を展開するため、関西地域の産学官による協議会組織の立上げを提唱。協働事業として、入学直後の日本語教育に始まり、企業と学生、大学の交流会……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ