『熱中症』の労働関連ニュース

2022.08.11 【安全スタッフ ニュース】
熱中症労災死が過去最多に 8月以降の対策強化を要請 埼玉労働局 NEW

 埼玉労働局(久知良俊二局長)は7月29日、職場での熱中症対策の徹底を、建設業と警備業の関係団体へ要請した。管内では今年、熱中症による死亡災害が過去最多となる3件発生しており、猛暑日が続く8月以降も重点的な対策を行うよう呼びかけた。  久知良局長は、「熱中症は命にかかわる災害だが、適切な対策で予防できる。関係者への周知徹底をお願いしたい」……[続きを読む]

2022.08.10 【安全スタッフ ズームアップ・スポット・トピックス】
【トピックス】全国安全週間 労働局がパトロール 熱中症の予防を強く要請 災害増加傾向へ警鐘鳴らす NEW

 全国安全週間準備期間、全国安全週間本週間には各都道府県労働局で局長などによる安全パトロールが実施された。今年は梅雨明けが早く、平均気温も高くなると予想されていることから熱中症に対して警戒感を強めており、積極的に予防対策を講じるよう呼びかけた。パトロールを行った労働局では、現場の「見える化」や熱中症対策の取組みを評価するとともに、労働災害……[続きを読む]

2022.08.09 【安全スタッフ ニュース】
熱中症予防 発注者にも協力求めて 柔軟な工期・納期の配慮を 長野労働局 NEW

 長野労働局(小野寺喜一局長)は、熱中症予防対策推進の取組みとして、事業者が発注者などへ工期や納期について配慮を求める際に活用できる資料を作成した。「作業員の熱中症予防へのご協力のお願い」と題した資料は、労働局と事業者の連名で熱中症リスクの高い作業について工期や納期を柔軟に取り扱うよう要請する内容。用意したフォーマットに社名を入れて使用で……[続きを読む]

2022.07.26 【安全スタッフ ズームアップ・スポット・トピックス】
【フォトレポート】熱中症対策 職場で予防行動の啓発を

 平年以上の猛暑が予想された今夏、早い時期から熱中症への注意を呼びかける姿が各所で見られている。WBGT値の測定勧奨や屋外作業が多い建設業への注意喚起、職場内で対策を推進する人の育成など、予防行動を啓発する動きが目立った。 日常的にWBGT値の測定を 千葉労働局が啓発運動  千葉労働局(江原由明局長)は、暑さ指数把握を推進するため「チェッ……[続きを読む]

2022.07.22 【安全スタッフ ニュース】
熱中症予防徹底を要請 暑さに応じて作業中断も 東京労働局

 東京労働局(辻田博局長)は7月6日、熱中症予防対策の徹底を(公社)東京労働基準協会連合会など8団体に要請した。井口真嘉基準部長が各団体の代表者に要請文を手渡し、WBGT計で測定した暑さ指数に応じた作業の中断・短縮、休憩時間の確保、持病を持つ人への配慮、水分・塩分の積極的な摂取など、重点取組期間である7月に会員事業場と一体なった予防の取組……[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。