『業界団体』の労働関連ニュース

2021.01.20 【労働新聞】
求人広告掲載 減少幅は縮小 全求協集計 NEW

 公益社団法人全国求人情報協会(鈴木孝二理事長)がまとめた2020年11月分の求人広告等掲載件数結果によると、同月の週平均掲載件数は86万3704件で、前年同月比で44.2%減少した。  20年4月から8カ月連続で前年同月比減となったが、減少幅は、6月(58.2%)以降概ね縮小傾向にある。[続きを読む]

2021.01.20 【労働新聞】
東海・近畿で11%増 宅配運転者の転職相場 JHR NEW

 一般社団法人人材サービス産業協議会(水田正道理事長、略称JHR)が求人データを元に集計した「転職賃金相場2020」によると、宅配ドライバーの募集年収の最高額の相場は、首都圏504万~602万円、東海490万~622.5万円、近畿490万~630万円となった。東海と近畿で最高値が前年比11%上昇しており、JHRではコロナ禍を受けてとくに地……[続きを読む]

2021.01.18 【労働新聞】
週休2日行動計画 現場の4割弱 4週8閉所に 日建連調査 NEW

 一般社団法人日本建設業連合会(山内隆司会長)は、2021年度末までに4週8閉所の実現を目標として掲げている「週休二日実現行動計画」の20年度上半期フォローアップ報告書をまとめた。4週8閉所以上を達成している現場は全体の37.9%で、前年同期に比べて7.9ポイント上昇している。  調査は昨年4~9月、会員企業142社に実施し、…[続きを読む]

2021.01.14 【労働新聞】
作業監督者の講習機関に リモート受講を実現 ビルメン協会

管理職スキルも追加へ  公益社団法人全国ビルメンテナンス協会(一戸隆男会長)は、国家資格である清掃作業監督者の講習会事業を開始する。eラーニングによって時間と場所に縛られない受講スタイルを実現し、新規取得時の修了考査のみ会場で実施するかたちとした。労務管理などに関するカリキュラムも盛り込み、業界のマネージャー向け資格として保有者の拡大をめ……[続きを読む]

2020.12.22 【労働新聞】
アニメーターなど追加へ 労災特別加入制度に 厚労省

 厚生労働省は芸能従事者、アニメーション制作従事者、柔道整復師について、労災保険の特別加入制度の対象とすることを決めた。12月8日に開催した労働政策審議会の部会で新設の方針を明らかにし、おおむねで了承を得た。省令改正に向け準備を進める。  特別加入の担い手団体としては、日本俳優連合、日本アニメーター・演出協会、日本柔道整復師会を想定してい……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ