『東京都』の労働関連ニュース

2021.09.17 【労働新聞】
女性へ合同面接会 テレワーク企業に導く 東京都 NEW

 東京都は、テレワークを導入している企業と、仕事と家庭の両立を図りながら再就職をめざす女性を結び付ける合同就職面接会を実施する。女性の就労拡大に向けた新規事業である「レディGO!TOKYOテレワークチャレンジプロジェクト」の取組みとして今年11月と来年2月の2回にわたって開催するもので、参加企業の募集を開始している。  合同面接会の対象は……[続きを読む]

2021.09.14 【労働新聞】
高年齢者活躍へオンライン講座 東京都

 東京都は、高齢者の多様な働き方を推進するため、55歳以上の人を対象に今後のキャリアについて学ぶ機会を提供する「東京セカンドキャリア塾」事業を拡充する。キャリアの棚卸しや目標の明確化に関する講義と、高齢者が活躍している企業での職場体験を行う「シニア予備軍向けコース」などに加え、中高年を雇用する企業向けのオンライン講座と中高年者向けのオンラ……[続きを読む]

2021.08.29 【Web限定ニュース】
テレワーク関連 「諸経費」や「労働時間管理」の要求が4割超 21年労使交渉で 東京都・調査

 東京都は、「2021年 春季賃上げ調査」のなかでコロナ禍における組合活動に関する付帯調査を実施した。今春の労使交渉においての、テレワークに関する要求状況を尋ねており、11.7%の組合が「今春闘で初めて要求した」と回答している。「要求せず(労使協議で対応)」は30.5%、「要求事項を検討中」は4.9%などとなり、「要求する予定はない」組合……[続きを読む]

2021.08.26 【労働新聞】
女性活躍へ取組み強化 柔軟な働き方を推進 東京都

重点政策方針とりまとめ  東京都は、今後強化していく施策を示した「『未来の東京』の実現に向けた重点政策方針2021」をまとめた。コロナ禍による経済情勢の悪化によってとくに女性の雇用に大きな影響があったことから、女性活躍推進に関する取組みをさらに強化するとした。短時間勤務制度やテレワークの導入など、多様で柔軟な働き方を推進し、仕事と家庭を両……[続きを読む]

2021.08.25 【労働新聞】
【今週の視点】一斉帰宅抑制対策の実施へ 防災週間を契機に

備蓄や安否確認訓練など  8月30日~9月5日は防災週間。コロナ禍でBCP(事業継続計画)の重要性がますます高まっているものの、各種調査によれば中小企業の取組みは依然として低調だ。自然災害発生時の影響を最小限に抑えるため、防災週間を契機に計画を作成し、従業員の一斉帰宅抑制に向けた備蓄や従業員の安否確認方法の確立、訓練実施などを進めてもらい……[続きを読む]

ページトップ