『東京都』の労働関連ニュース

2022.08.18 【Web限定ニュース】
平均妥結額は6866円 賃上げ率は2.16%に 製造業では7085円、2.20% 東京都・2022年集計 NEW

 東京都がまとめた「2022年 春季賃上げ要求・妥結状況」によると、前年との比較が可能な368組合の平均妥結額(加重平均)は6866円、賃上げ率は2.16%だった。妥結額は対前年比で20.5%(1168円)アップしている。賃上げ率は0.33ポイント増。  主な産業別の妥結額と賃上げ率は、製造業が7085円(2.20%)、運輸業,郵便業が6……[続きを読む]

2022.07.12 【労働新聞 ニュース】
育休の愛称を「育業」に決定 東京都

 東京都は育児休業の愛称を「育業」に決めた。6月29日に開いた育休取得応援サミットで明かした。4月28日~5月30日まで募集し、8825件の応募があったもの。「業」には仕事という意味のほか、「努力して成し遂げること」という意味があり、育児は「業」に当たるとしている。  都では今後、育業の趣旨に賛同する企業を募集し、応援プロジェクトを実施す……[続きを読む]

2022.07.08 【労働新聞 ニュース】
“伝える範囲”は 本人の同意必須 都・LGBT講習

 東京都労働相談情報センターは、企業担当者向けにLGBTに関するセミナーを開いた。講師を務めたアンダーソン・毛利・友常法律事務所の今津幸子弁護士が、アウティング対策などを解説している(写真)。  今津弁護士は、労働者からカミングアウトを受けた場合、情報を伝える範囲について本人から同意を得ておく必要があると話した。本人の同意なく性的指向や性……[続きを読む]

2022.07.07 【労働新聞 賃金調査】
【賃金調査】東京都/パートタイマー実態調査 都内事業所 平均時給額1331円に 卸小売では1202円

年間賞与支給額 6割が10万円未満  東京都の「パートタイマーに関する実態調査」によると、都内事業所におけるパートの平均時給額は1331円だった。産業別では卸売業,小売業1202円、宿泊業,飲食サービス業1129円となり、4年前の前回調査と比べて46円増、15円減となっている。複数回答で賃金額の決定基準を尋ねると、「職務の内容」(66.3……[続きを読む]

2022.07.04 【労働新聞 ニュース】
「休業」が6割減少 相談総数5万件下回る 東京都

 東京都は、都内6カ所の労働情報相談センターで令和3年度に受け付けた労働相談とあっせんの状況を取りまとめた。相談件数は合計4万5504件となり、前年比13.0%(6814件)減少している。16年ぶりに5万件を下回った。  相談項目別では、とくに減少率が高かったのが「休業」で、…[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。