『東京労働局』の労働関連ニュース

2020.12.26 【安全スタッフ】
「安全衛生宣言」優秀作を表彰 感染症対策作品に特別賞も 東京労働局・東基連

 東京労働局(土田浩史局長)と東京労働基準協会連合会(佐藤博恒会長)は12月8日、「私の安全衛生宣言コンクール」の表彰式を開催した。コンクールは安全・健康意識高揚を図るために職場からの決意を募るもので、今回で9回目となる。今年は新たに健康意識の向上を図る「衛生」をテーマとした宣言を募集したほか、特別賞として高年齢者災害防止対策特別賞、感染……[続きを読む]

2020.12.09 【安全スタッフ】
年末年始に集中パトロール 事業者へ災害防止要請も 東京労働局

 東京労働局(土田浩史局長)は、年末・年始Safe Work推進強調期間として12月から来年1月にかけて事業者へ労働災害防止を呼びかけている。期間中には、管内の労働基準監督署による集中パトロールを行い事業場の安全気運向上を図る。また、関係事業者団体117団体にも取組みの勧奨を文書要請。安全衛生に配慮した計画的な事業運営を図るとともに、経営……[続きを読む]

2020.11.24 【安全スタッフ】
産保フォーラムをオンライン開催 コロナ禍での活動支援 東基連

 東京労働局、(公社)東京労働基準協会連合会、(独)労働者健康安全機構東京産業保健総合支援センターは、「産業保健フォーラムOnline2020」をオンラインで公開した。コロナ禍における産業保健活動について三井化学統括産業医の土肥誠太郎医師が講演し、事業場内の環境整備やマスクの着用、基礎疾患を持つ労働者などへの配慮、テレワーク導入時の産業保……[続きを読む]

2020.09.08 【労働新聞】
8割弱の企業へ是正指導を実施 東京労働局

 東京労働局(土田浩史局長)は2019年に管内18労働基準監督署が実施した定期監督で、対象事業場の8割弱に当たる9308事業場に対して是正指導したことを明らかにした。  定期監督は、同労働局管内18労働基準監督署(支署)が、労働者などからの情報や労働災害の報告などを契機に、1万2326事業場を対象に実施した。そのうち…[続きを読む]

2020.08.24 【労働新聞】
労供で事業停止命令 派遣元が業務委託装う 東京労働局

 東京労働局(土田浩史局長)は、違法な労働者供給事業を行ったとして、IT企業で労働者派遣・有料職業紹介事業を営むスパイラルセンス㈱(東京都渋谷区)に対し、労働者派遣法に基づく事業改善命令と事業停止命令および職業安定法に基づく紹介事業停止命令を発出した。  同社は平成30年4月~令和元年10月、A社との間で業務委託と称する契約を締結し、雇用……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ