『東京労働局』の労働関連ニュース

2022.08.10 【安全スタッフ ニュース】
下請けへの指導不足目立つ 建設現場で約7割に違反 東京労働局

 東京労働局(辻田博局長)は、建設現場死亡災害撲滅取組期間の取組みの一環として今年6月に実施した集中指導の結果をまとめた。指導に入った721現場のうち、494現場(68.5%)で労働安全衛生法違反が見つかっている。最も多かった違反は、元請事業者の安全衛生管理に関するもの(394現場)で、下請事業者に対して法令順守のための指導をしていない、……[続きを読む]

2022.08.10 【安全スタッフ ズームアップ・スポット・トピックス】
【トピックス】全国安全週間 労働局がパトロール 熱中症の予防を強く要請 災害増加傾向へ警鐘鳴らす

 全国安全週間準備期間、全国安全週間本週間には各都道府県労働局で局長などによる安全パトロールが実施された。今年は梅雨明けが早く、平均気温も高くなると予想されていることから熱中症に対して警戒感を強めており、積極的に予防対策を講じるよう呼びかけた。パトロールを行った労働局では、現場の「見える化」や熱中症対策の取組みを評価するとともに、労働災害……[続きを読む]

2022.07.22 【安全スタッフ ニュース】
熱中症予防徹底を要請 暑さに応じて作業中断も 東京労働局

 東京労働局(辻田博局長)は7月6日、熱中症予防対策の徹底を(公社)東京労働基準協会連合会など8団体に要請した。井口真嘉基準部長が各団体の代表者に要請文を手渡し、WBGT計で測定した暑さ指数に応じた作業の中断・短縮、休憩時間の確保、持病を持つ人への配慮、水分・塩分の積極的な摂取など、重点取組期間である7月に会員事業場と一体なった予防の取組……[続きを読む]

2022.07.12 【Web限定ニュース】
有期3現場と2事業場を表彰 重点危険作業へ対策徹底 東京労働局

 東京労働局(辻田博局長)は7月5日、令和4年度東京労働局長安全衛生表彰式を開催した。大成建設㈱東京支店馬場先通り地下接続工事、㈱長谷工コーポレーション(仮称)江戸川区西葛西8丁目計画新築工事、㈱フジタ東京支店新宿区市谷加賀町1丁目計画新築工事の有期現場を優良賞として表彰した。リスクアセスメントによる重点危険作業への対策や作業員の危険感受……[続きを読む]

2022.07.08 【安全スタッフ ニュース】
移動式クレーンの転倒事故が多発 チェックリストで確認求める 東京労働局

 東京労働局(辻田博局長)は6月27日、移動式クレーンの転倒防止対策を徹底するよう建設業労働災害防止協会東京支部などに要請した。都内の工事現場で今年、移動式クレーンの転倒事故が頻発していることを受けたもので、関係者に対して作業計画の策定、機械の能力に応じた適正な使用の徹底、地盤強度の確保の徹底、安全装置の有効保持の徹底をするよう周知を求め……[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。