『木造建築』の労働関連ニュース

2021.02.09 【安全スタッフ】
半数が墜落防止措置講じず 木建現場を集中監督 秋田労働局

 秋田労働局は1月26日、昨年10月に木造家屋建築工事現場へ集中的に実施した監督指導の結果をまとめた。指導した147事業場のうち、111事業場で労働安全衛生法違反があった。違反率は75.5%で、昨年度の68.0%から大きく増加している。  違反内容で最も多かったのは、墜落防止措置に関するものが75事業場で最も多く、半数以上の事業場から違反……[続きを読む]

ページトップ