『書類送検』の労働関連ニュース

2019.10.23 【労働新聞】
支店の課長が労災隠し送検 下関労基署 NEW

 山口・下関労働基準監督署(藤村祐彦署長)は労働者死傷病報告を遅滞なく提出しなかったとして、池田興業㈱(福岡県北九州市)と同社の下関支店の業務1課長を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の疑いで山口地検下関支部に書類送検した。  同社はプラントの建設やメンテナンスなどを請け負っている。労働災害は平成31年1月23日に、山口県下関市内の事……[続きを読む]

2019.10.17 【労働新聞】
建設工事 火災防止へ対策強化 元請・発注者に要請 東京労働局 NEW

来年2月まで重点監督も  東京労働局(土田浩史局長)は10月7日、大規模建設工事の元請事業者や発注機関などに対し、火気管理の徹底を文書で要請した。来年2月までを建設現場における火災災害防止の取組み強化期間に位置付け、重点的な監督指導や建設事業者向けの講習会なども実施していく。火災が発生しやすい冬場や工期後半・竣工間際を迎える前から、適切な……[続きを読む]

2019.10.16 【労働新聞】
関西のスーパー 元顧問社労士らを送検 労災かくし“実行”し 大阪労働局 NEW

10年前は違法時間外も  大阪労働局(井上真局長)はいわゆる労災かくしを行ったとして、「スーパー玉出」の元顧問社会保険労務士ら計2社2人を、労働安全衛生法第100条(報告等)違反の疑いで大阪地検に書類送検した。業務中に労働者が負傷し4日以上休業した2件の労働災害について、労働基準監督署に遅滞なく報告しなかった。同社労士は10年前にもスーパ……[続きを読む]

2019.10.03 【労働新聞】
ミニストップを送検 月158時間の違法残業で 福島労基署

 福島労働基準監督署(水野秀二署長)は労働者2人に過労死ラインを超える違法な時間外労働をさせたとして、ミニストップ福島八木田店の個人事業主を労働基準法第40条(労働時間及び休憩の特例)違反の疑いで福島区検に書類送検した。  個人事業主は平成29年6月~30年1月までの8カ月間、…[続きを読む]

2019.09.17 【労働新聞】
無許可派遣・送検 労働局が告発 労災から発覚 呉警察署

 広島県呉警察署はこのほど、無許可で労働者派遣事業を営んだとして、谷口工業㈲(広島県呉市)と同社の代表取締役を労働者派遣法第5条(無許可派遣)違反の疑いで送検した。広島労働局が今年1月7日に同警察署に告発していた。  同社は機械メンテナンス事業などを営んでいる。㈱ニッポーと「請負」と称する契約を締結し、㈱日本製鋼所の広島製作所構内に労働者……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ