『書類送検』の労働関連ニュース

2021.01.18 【労働新聞】
虚偽陳述で社員送検 労災発生時の法違反隠す 加治木労基署 NEW

 鹿児島・加治木労働基準監督署(礒元昭二署長)は、労働災害に関する立入り調査の際に虚偽の陳述を行ったとして、元請の大手ゼネコンの社員1人を労働安全衛生法第91条(労働基準監督官の権限)違反の疑いで書類送検した。無資格運転や用途外使用の事実を隠蔽するため、労災発生時の状況を偽った。  労災は令和2年3月13日、鹿児島県霧島市内の新築工事現場……[続きを読む]

2020.12.21 【労働新聞】
書面交付を注意喚起 条件明示徹底へリーフ 常総労基署

 茨城・常総労働基準監督署(大畠成明署長)は、書面などによる労働条件の不明示で生じる労使トラブルを防ぐため、実際にあった不適切な事例などを紹介するリーフレットを作成した。ホームページ上で公開し、注意を呼び掛けている。  リーフレットでは、…[続きを読む]

2020.12.17 【労働新聞】
違法残業で相次ぎ運輸業送検 協定守らず120時間超 厚木労基署

複数回指導も改善怠る  神奈川・厚木労働基準監督署(湯川和彦署長)は、違法な長時間労働を繰り返していた運輸業2社を相次いで司法処分した。36協定を超えて時間外・休日労働を行わせたとしてトラック運送業のダイワ運輸㈱(兵庫県神戸市)と当時の厚木営業所長代理を、別件で路線バス事業の神奈川中央交通東㈱(神奈川県平塚市)と同社大和営業所長をそれぞれ……[続きを読む]

2020.12.10 【労働新聞】
労働者4人が一酸化炭素中毒 解体作業で換気怠る 派遣先として元請総研 東京・中央労基署

 東京・中央労働基準監督署(工藤滝光署長)は、自然換気が不十分な室内で内燃機関を有するエンジンカッターを使用したとして、解体工事業の㈱小見解体(千葉県松戸市)と同社現場代理人を労働安全衛生法第22条(事業者の講ずべき措置等)違反などの疑いで東京地検に書類送検した。労働者4人が一酸化炭素中毒を発症し、うち1人は脳機能に障害が残っている。4人……[続きを読む]

2020.11.26 【労働新聞】
ベトナム人大量あっ旋 2100万円を中間搾取 農家120戸へ延べ230人 小諸労基署

職安法違反に続き送検  長野・小諸労働基準監督署(徳永和成署長)は、自らあっ旋した外国人労働者延べ230人の賃金から中間搾取していたとして、清掃業務請負業のホアンアン合同会社(大阪府大阪市)と同社代表社員および2人の業務執行社員の計1社3人を、労働基準法第6条(中間搾取の排除)違反の疑いで長野地検上田支部に書類送検した。職業安定法に基づく……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ