『採用』の労働関連ニュース

2020.06.30 【労働新聞】
高卒者採用の開始時期変更 厚労省 NEW

 厚生労働省と文部科学省は、経済団体などが参加する会議を開き、令和3年3月に高校を卒業する生徒の選考・採用時期を決定した。開始時期を現行の9月16日から10月16日に変更する。  企業による学校への求人申込み・訪問は7月1日に解禁。学校から企業への生徒の応募書類提出は10月5日からとするが、沖縄県は9月30日に開始する。[続きを読む]

2020.06.15 【労働新聞】
一律56歳の役職定年見直す 部長・支店長継続も 群馬銀行

併せて専門職区分設ける  ㈱群馬銀行(群馬県前橋市、深井彰彦代表取締役頭取)は、一律56歳としていた役職定年を改め、本部の部長や支店長などのライン長に対し、個別に役職継続を認める。56歳以降も昇進・昇格を可能とし、いったんポストを離れた人材の再任命も行う。併せてシニア層の意欲向上を図るため、再雇用者を含む56歳以上の賞与について、査定反映……[続きを読む]

2020.05.11 【労働新聞】
保護者に魅力発信 運送業で人材確保事例集 国交省

 国土交通省は、トラック運送業の人材確保に向けた好事例集を作成した。中小企業を中心に12社における採用・定着の工夫を紹介している。ドライバー経験者の採用にこだわるのではなく、高校新卒者の採用を開始し、一定の時間をかけながらドライバーとして育成するケースがめだつ。  ㈱アトランス(静岡県浜松市)は、新卒者採用の開始に合わせてキャリアパスを明……[続きを読む]

2020.05.07 【労働新聞】
標的絞り業務体験 採用難克服へ事例集 愛知経協

 愛知県経営者協会(加藤宣明会長)は「売り手市場における採用活動事例集」をまとめた。人材の確保が厳しくなっているなかで、効果の高い手段としてインターンシップに取り組む企業の事例などを紹介している。自社のPRやミスマッチ防止、優秀な人材の確保につながるとした。  工作機械メーカーの㈱キラ・コーポレーション(愛知県西尾市)では、…[続きを読む]

2020.04.28 【労働新聞】
新卒者へキャリア採用開放 事業創出系限定で NEC

初任時に年収800万円も  NEC(日本電気㈱、新野隆執行役員社長兼CEO)は、2021年4月入社の新卒者に対し、キャリア採用枠の一部を開放する。人材獲得競争が厳しさを増す一部の分野に限り、学歴・職歴などを不問とし、優秀な人材のエントリーを可能にする。採用に至った場合は一般の正社員と同様にポジションに応じたグレードに格付け、給与も既存制度……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ