『手当』の労働関連ニュース

2018.11.07 【労働新聞】
私的旅行に2万円 派遣多く社員旅行代替策 アジアンリンク

 IT業の㈱アジアンリンク(東京都品川区、田邊克重代表取締役社長)は今夏、休暇を取得して旅行した社員のうち、旅先で撮影した写真を会社に提出した場合に手当を支給する「ボンボヤージュ制度」を試験的に開始した。昨年まで全社員一斉の社員旅行を実施していたが、社員の2割を占める常用型派遣の社員やワーキングマザーを中心に、日程が合わず参加を断念するケ……[続きを読む]

2018.10.18 【労働新聞】
【賃金調査】愛知経協・名古屋商議所 愛知のモデル賃金/総合職モデル 大卒35歳32.5万円に 若年層で増減めだたず

管理職の規模別賃金 課長級41万~53万円 愛知県経営者協会と名古屋商工会議所が実施した「愛知のモデル賃金」調査によると、総合職・大卒のモデル賃金は22歳20.7万円、35歳32.5万円、40歳38.2万円、ピークの50歳46.9万円などとなった。前年比では若年層にめだった変化がみられず、40歳と50歳で3,000円台の伸びを示している。……[続きを読む]

2018.10.01 【労働新聞】
訪問事業向けの勤怠管理に注目 医療・介護見本市

 国際見本市の企画・運営を手掛けるリード エグジビションジャパン㈱は9月12~14日、医療と介護に関する見本市「第1回 メディカルジャパン東京」を幕張メッセ(千葉県)で開催した。働き方改革に関連するサービスを提供する企業のブースでは、社会的な関心の高さを背景に賑わいを見せた=写真。 同業界に特化した、勤怠管理と給与計算を一体化したシステム……[続きを読む]

2018.09.18 【労働新聞】
単身赴任手当廃止の案示す シャープ

 シャープ㈱(大阪府堺市)は単身赴任者に毎月支給している「単身赴任手当」を年内で廃止する案を示した。戴正呉(たいせいご)代表取締役会長兼社長が社員に向けて発信したメッセージ内で明らかにしたもの。管理職に支給していた同手当は、2016年10月に打ち切っていた。今後労働組合との交渉を行い、年内の合意をめざす。 同社広報は、同手当廃止は経費削減……[続きを読む]

2018.08.06 【労働新聞】
女性運転士在籍者倍増 「専用路線」が奏功 運行は“平日昼”のみ 京成バス

短時間勤務なども整備 京成バス㈱(千葉県市川市、齋藤隆代表取締役社長)で女性運転士の数が急拡大している。今年6月末時点で50人を超え、2013年度末と比べ倍以上の在籍数になった。運行が平日日中のみの路線を女性運転士専用路線としたほか、運転士向けの育児短時間勤務制度やマタニティ休暇制度の導入が奏功した。21年までに女性運転士を100人にする……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ