『手当』の労働関連ニュース

2021.09.16 【労働新聞】
【フォーカス】シノプス/リモートワーク 週3日以上なら手当4000円 定期代やめ実費精算へ NEW

HRテックでコミュ推進  ソフトウェアメーカーの㈱シノプス(大阪府大阪市、南谷洋志代表取締役社長、82人)は、全社的なリモートワークを実施しており、今年からは専用の手当を導入した。週3日以上自宅で働く場合、水道光熱費などとして月額4000円を支払う。一方で、定期代の支給は取りやめ、交通費に関しては実費精算に切り替えている。社員間の業務上の……[続きを読む]

2021.09.09 【労働新聞】
【フォーカス】サタケ/週休3日制 通年導入めざし夏季のみ試行中 交代制で水曜を休日に

月給・1日8時間変えず  ㈱サタケ(広島県東広島市、松本和久代表取締役社長、1000人)は、全社での「週休3日制」導入をめざし、2017年から夏季限定でテスト運用を進めている。月給や1日の所定労働時間は維持したまま、4~5週間にわたって週4日勤務に挑むもので、今年は19年に続いて水曜日を休日として取り組んだ。3連休を設けると取引先との対応……[続きを読む]

2021.08.30 【労働新聞】
在宅勤務手当の実態調査必要 テレワーク定着で提言 総務省

 有識者8人で構成する総務省のタスクフォースは、ポストコロナ時代におけるテレワークについての提言をまとめ、在宅勤務手当に関する実態調査の必要性を指摘した。通勤手当と異なり、定額の非課税枠が設けられていないため、事務負担が生じているとしている。  テレワーク実施企業のなかには、…[続きを読む]

2021.08.23 【労働新聞】
海事産業向けに女性活躍事例集 国交省

 国土交通省は、海運業や造船業、舶用工業など海事産業における女性活躍推進事例集を作成した。女性専用の更衣室および社宅設置や育児支援制度など、働きやすい環境整備に積極的な企業の取組みを紹介している。  ㈱大島造船所(長崎県西海市)は、女性専用の社宅の整備や快適なトイレ、休憩所、シャワー室の設置を進めるとともに、女性の技能職や技術職を積極的に……[続きを読む]

2021.08.12 【労働新聞】
テレワーク関連ニュースまとめ【2021年4月~7月】

このページでは、2021年4~7月に配信したテレワークに関する記事をまとめてご紹介します。 【テレワークで通達 労災の増加を想定し 厚労省】 厚生労働省は、都道府県労働局長あてに、令和3年度の「労災補償業務の運営に当たって留意すべき事項」について通達した。 https://www.rodo.co.jp/news/103617/ 【押印削減……[続きを読む]

ページトップ