『手当』の労働関連ニュース

2021.05.27 【労働新聞】
【賃金調査】中労委・令和2年 賃金事情調査/大手の大卒実在者賃金 55歳56万円がピーク 家族手当第1順位6.3%減の1.6万円

45歳以上で最大4.5%減  大手企業の賃金実態を調べている中央労働委員会の「賃金事情調査」によると、大卒の事務・技術(男性)の実在者平均所定内賃金は、22歳22.1万円、35歳39.1万円、45歳49.6万円、55歳56.1万円などとなった。22歳を除くすべての年齢階級で前年比で減少し、とくに45歳以上では1.6~4.5%ダウンしている……[続きを読む]

2021.05.12 【労働新聞】
【今週の視点】総合職化で転勤要件に変化 赴任時のみ手当支給

転居の可否で格差設けず  総合職への一本化を進めてきた保険業界で、転勤要件に対するアプローチが変わりつつある。各社が勤務地限定と職務無限定の両立という課題を抱えるなか、オリックス生命保険㈱は今春、実際に転居を経て勤務する者にのみ、最大で年240万円を支給する手当を新設した(本紙令和3年4月19日第3301号4面に詳細)。転居の“可否”から……[続きを読む]

2021.05.10 【労働新聞】
パート有期法対応 アルバイト含め誕生月に1万円 ピクスタ

 写真・イラストなどの素材提供サイトを運営するピクスタ㈱(東京都渋谷区、古俣大介代表取締役社長)は、パートタイム・有期雇用労働法への対応として「バースデー祝金」を新設した。月120時間以上勤務し、社会保険に加入する従業員全員(アルバイト含む)を対象に、誕生月に一律1万円を支給する。併せて慶弔金や休職制度などの福利厚生施策に関しても、今後は……[続きを読む]

ページトップ