string(52) "/news/news_tag/%E5%AE%89%E5%85%A8%E6%95%99%E8%82%B2/"
string(8) "news_tag"

『安全教育』の労働関連ニュース

2018.10.15【安全スタッフ】
【特集2】「伝える力」をDVDで教育 熟練者のノウハウ継承へ 日本通運㈱重機建設事業部 NEW

情報共有し作業品質向上図る 労働災害は、情報が共有されていないことで起こることが少なくない。日本通運㈱(本社=東京・港区)の重機建設事業部では、作業内容などが正しく伝わっていないことで災害が発生しているとして、教育のため2本のDVDを作成し現場で活用している。「伝える力~作業指揮者はどう伝えるのか~ 伝える力~座談会~」では、現場の第一線……[続きを読む]

「図表を交えて」と浦手さん
2018.09.25【安全スタッフ】
【トピックス】作業者の安全も進化 危険な作業は遠隔操作ロボに 死角にバックできない重機 建設・測量生産性向上展が初開催

 2018年8月28日~30日の3日間、幕張メッセ(千葉県千葉市)で建設・測量生産性向上展(CSPI-EXPO)が開催された。建設業界・測量業界の最新の機械・設備・技術・サービスを一堂に集めた初めての展示会で、国土交通省が協賛、(一社)日本建設業連合会をはじめ12の関係団体が協力している。本欄では、労働安全に関係する展示を中心にピックアッ……[続きを読む]

「バックしないバックホー」の動作を人形を使用して実演
2018.08.23【労働新聞】
自動車整備業 技能実習の適正運用へ手引 報告・相談をルール化 国交省

旅券保管など防止徹底も 国土交通省は、自動車整備職種の技能実習を実施する整備工場と監理団体が配慮すべき事項を示した「自動車整備技能実習ガイドライン」を策定した。同職種における適正な運用を促すのが目的。円滑に実習を行うため、整備工場は実習生との間で報告・連絡・相談をルール化するほか、日本語学習を支援するのが望ましいとした。実習生の保護に向け……[続きを読む]

2018.06.25【労働新聞】
運転者教育を強化 睡眠不足への注意促す 国交省

 国土交通省は、自動車運送業による輸送の安全確保に向けて、運送事業者が運転者に対して行う指導および監督の内容を定めた指針(告示)を改正した。新たに、睡眠不足が交通事故の原因となることを理解させることとしている。……[続きを読む]

2018.05.14【安全スタッフ】
未熟練者向けに教材 製造業への対策強める 厚労省・4カ国語版提供へ

 厚生労働省は、就業3年未満の労働者の労働災害が多い製造業、陸上貨物運送業、商業の3業種について、外国人労働者向けの「未熟練労働者に対する安全衛生マニュアル」(外国語版)の提供をスタートさせる。新たに作成した特設サイトを通じて企業の担当者が教育現場で活用できるマニュアルを配布するもの。対応言語は、英語、中国語、ポルトガル語、スペイン語の4……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ