『安全パトロール』の労働関連ニュース

2020.01.13 【安全スタッフ】
年末の無災害へ 墜落防止を確認 兵庫労働局 NEW

 兵庫労働局(畑中啓良局長)は昨年12月19日、建設現場の安全パトロールを実施し、年末年始の労働災害防止対策の強化を事業者と発注者に要請した。  神戸市発注の「HAT神戸新設小学校・特別支援学校新築工事」(施工:大豊・神鋼興産JV)を巡視した畑中局長は、高所作業での安全な作業床や墜落制止用器具の使用など墜落・転落防止対策を確認(写真)。現……[続きを読む]

2019.12.13 【安全スタッフ】
トップの職場安全パトロール点検表作成を 観音寺労基署

 香川・観音寺労働基準監督署(村上誠署長)は、「SafeWork88」のキャッチフレーズを掲げる年末年始の無災害運動の開始に当たり、管内44社の建設業者の安全管理責任者などを集めて説明会を開催した。  あいさつで村上署長は、実施要綱で昨年と異なる点について、「トップの職場安全パトロールで点検表を作成して頂くこと、働き方改革として時間外労働……[続きを読む]

2019.11.27 【労働新聞】
第三次産業の労災防止図る 年末年始・中災防

 中央労働災害防止協会は、今年12月~来年1月15日に令和元年度・年末年始無災害運動を展開する。繁忙期を迎える小売業・飲食店など第三次産業における労災防止や高年齢労働者の安全確保の支援などに向けた周知啓発に集中的に取り組む。  各事業場に対しては、経営トップによる安全衛生方針の決意表明、安全衛生パトロールの実施のほか、転倒災害防止の徹底な……[続きを読む]

2019.09.26 【労働新聞】
立入禁止区域の表示徹底求める 埼玉労働局・パト

 埼玉労働局(木塚欽也局長)と同県内の8労働基準監督署は9月5日、建設業労働災害防止協会埼玉県支部と連携し、約100カ所の建設現場に対して、合同安全パトロールを実施した。  同労働局の木塚局長は、鹿島建設と松永建設のJVが請け負う、大宮駅東口市街地再開発事業の施設建築物の新築工事現場を訪れた(写真)。  パトロール後、同労働局の唄繁樹労働……[続きを読む]

2019.09.10 【安全スタッフ】
【特集1】発注者主導の災害防止活動 工事会社間で好事例を共有 現場へ専門家が出向き点検

 建設業の労働災害を防止するうえでは、事業者の行う安全管理活動だけでなく発注者の関与も重要な役割を担っている。特集Ⅰでは、発注者の責務として現場の災害防止活動を支援している成田国際空港株式会社と東京都住宅供給公社の2事例を取り上げる。現場間で優良事例や災害情報を共有し、安全表彰によって日々の活動を称えるほか、専門家による足場点検を行わせる……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ