『安全パトロール』の労働関連ニュース

2020.10.27 【安全スタッフ】
【トピックス】トンネル工事現場をチェック 労働衛生週間に意識高揚図る 新東名高速道路でパトロール 神奈川労働局 NEW

 神奈川労働局(園田宝局長)は9月30日、清水建設㈱・㈱ピーエス三菱・岩田地崎建設㈱新東名高速道路高松トンネル工事特定建設工事共同企業体の現場で労働基準部長によるパトロールを実施した。全国労働衛生週間の実施にあたり意識高揚を図るもの。新型コロナウイルスの感染予防の周知を行うとともに、粉じんなどによる労働衛生管理対策の確認を実施した。…[続きを読む]

2020.10.12 【安全スタッフ】
【トピックス】台風被害の復旧現場を巡視 重機周辺は立入禁止徹底 上下作業ない計画で安全に 長野労働局

 長野労働局(中原正裕局長)は9月10日、昨年10月の台風19号による被害を受けた千曲川周辺の復旧工事現場で安全パトロールを行った。護岸復旧のためブロックをつり上げる重機と作業員との接触防止対策を視察するとともに、寸断された橋梁の補修工事で上下作業への注意や墜落防止措置の状況を確認した。 千曲川の復旧が急ピッチで進む  昨年の台風19号に……[続きを読む]

2020.09.30 【労働新聞】
局長が現場巡視 復旧の本格化受け 長野労働局

 長野労働局(中原正裕局長)は、令和元年東日本台風被害の復旧工事が本格化するなか、中原局長自ら安全パトロールを実施した(写真)。上田労働基準監督署、関東地方整備局なども参加している。  巡視したのはとくに被害が大きかった千曲川周辺の復旧工事。施工者の㈱大林組、㈱守谷商会から災害防止への取組みを聞いている。  コンクリートブロックを吊り上げ……[続きを読む]

2020.08.13 【安全スタッフ】
労働災害歯止めへ 局長がパトロール 愛媛労働局

 愛媛労働局(縄田英樹局長)は建設業の労働災害が増加傾向にあることから6月24日、局長による「建設現場安全パトロール」を実施した。当日は「一般県道岩城弓削線 岩城橋建設工事(その1)」(施工:鹿島・MMB・富士ピーエス共同企業体)を視察している。  縄田局長は死亡災害が多発している足場からの墜落・転落災害防止対策、マスク着用でリスクが高ま……[続きを読む]

2020.08.04 【労働新聞】
墜落防止策を局長自ら視察 愛媛労働局

 愛媛労働局(縄田英樹局長)は、愛媛県とともに建設現場安全パトロールを実施した(写真)。  同県が発注者であり、墜落防止対策や熱中症対策に積極的な「一般県道岩城弓削線 岩城橋建設工事」を縄田局長が自ら視察している。足場上の整理整頓、手すりの設置などが適正に行われていることを確認した。  熱中症対策としては、休憩所にミスト付き扇風機や暑さ指……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ