『女性活躍』の労働関連ニュース

2021.05.06 【労働新聞】
琉球銀と局長対談 店長会議配信し価値観共有 沖縄労働局

 働き方改革の推進策として、優良企業との「局長トップ対談」に取り組んでいる沖縄労働局ではこのほど、福味恵局長(写真右)が㈱琉球銀行の川上康頭取(写真左奥)と対談した。  同行では、「価値観の共有化が働きがいにつながる」として全職員へスマートフォンを…[続きを読む]

2021.04.22 【労働新聞】
【フォーカス】㈱ハンナ/求人への応募が5倍増 健康経営と女性活躍で

禁煙塾や資格支援を実施  道路貨物運送業の㈱ハンナ(奈良県奈良市、下村由加里代表取締役、152人)は、健康経営や女性活躍推進により、人材の確保・定着を実現した。求人に対する応募者は5倍増、定着率は25ポイント増となっている。健康づくりに関する取組みは、個別に身体に良いメニューを考案して実践したり、禁煙セミナーを開催したりするなど、簡単なも……[続きを読む]

2021.04.16 【労働新聞】
トイレや照度見直し 事務所衛生基準を改正 厚労省検討会

 厚生労働省が設置した「事務所衛生基準のあり方に関する検討会」(座長・髙田礼子聖マリアンナ医科大学教授)は、このほど事務所の衛生水準のあり方と同基準見直しについての検討結果をまとめた。  女性の活躍促進に向けトイレ設備の見直しについて指摘。男性用と女性用とを区別して設けるとした上、…[続きを読む]

2021.04.08 【労働新聞】
【フォーカス】アルプススチール/始・終業をスライド可 不登校の相談で制度化

「育児と仕事」両立推進へ  アルプススチール㈱(愛知県名古屋市、長谷川茂代表取締役社長、181人)では、「始業・終業時刻の繰上げ・繰下げ」などを制度化して、育児と仕事の両立を図りやすい環境づくりを進めている。同制度は、「不登校気味の子の登校を見届けたい」と相談してきた社員の声を受けて制定したもの。最近では、男性の育児休業にも熱心で、チラシ……[続きを読む]

2021.04.07 【労働新聞】
ダイバーシティ経営 大橋運輸などプライム認定 経産省

 経済産業省は、「令和2年度新・ダイバーシティ経営企業100選」を公表した。とくに優れた取組みを行う企業を認定する「プライム」には、大橋運輸㈱(愛知県瀬戸市)などを選出している。  同社は人材確保の困難さを背景に、①既存社員の働きやすい環境の整備、②女性の積極採用および活躍推進、③外国人の現地採用、④LGBTQ人材の採用と活躍に向けた基盤……[続きを読む]

ページトップ