string(52) "/news/news_tag/%E5%A5%B3%E6%80%A7%E6%B4%BB%E8%BA%8D/"
string(8) "news_tag"

『女性活躍』の労働関連ニュース

2018.11.15【労働新聞】
ニチレイロジ 一般職でも管理職登用 来年度から NEW

 ㈱ニチレイロジグループ本社(東京都中央区、梅澤一彦代表取締役社長)は来年度、転居を伴う転勤のない一般職でも管理職に昇格可能な人事制度を導入する。 一般職の社員は全国の物流現場で働いており、多くを女性が占めているのが実情だ。旧制度では一般職に管理職昇格の道はなかった。昇給に関しては……[続きを読む]

2018.11.14【労働新聞】
半数以上は成果出ず 女性活躍で調査 埼玉労働局

 埼玉県内の企業の半数以上で、女性活躍推進の取組み成果が上がっていないことが埼玉労働局(木塚欽也局長)の調査により分かった。84.7%の企業が女性活躍を経営課題として重要と考えていることから、取組みに苦慮している状況がうかがわれる。 女性活躍推進法に基づく行動計画に掲げた取組みを進めた結果、あまり成果が出ていないと回答した企業は48.2%……[続きを読む]

2018.10.05【労働新聞】
中小で女性活躍進む 「えるぼし」取得数が増加 厚労省

 中小企業で女性活躍推進法に基づく「えるぼし」認定の取得が拡大――厚生労働省は、平成29年版「働く女性の実情」報告書をまとめた。 今年6月30日現在の企業の取組み状況を明らかにしたもので、一般事業主行動計画の届出が義務付けられている労働者301人以上の企業における届出率は98.1%だった。一方、届出が努力義務である300人以下企業の届出数……[続きを読む]

2018.08.06【労働新聞】
女性運転士在籍者倍増 「専用路線」が奏功 運行は“平日昼”のみ 京成バス

短時間勤務なども整備 京成バス㈱(千葉県市川市、齋藤隆代表取締役社長)で女性運転士の数が急拡大している。今年6月末時点で50人を超え、2013年度末と比べ倍以上の在籍数になった。運行が平日日中のみの路線を女性運転士専用路線としたほか、運転士向けの育児短時間勤務制度やマタニティ休暇制度の導入が奏功した。21年までに女性運転士を100人にする……[続きを読む]

2018.08.03【労働新聞】
ダイバーシティ進める部署新設 みちのく銀行

 ㈱みちのく銀行(青森県青森市、藤澤貴之頭取)は、多様な人材が活躍できる環境づくりを強化する目的で、新たに「ダイバーシティ推進室」を設置した。同推進室設置により、障害者雇用に関しては早期に雇用率2.3%の達成めざす。女性活躍では、3年後の女性管理職比率30%以上を目標に掲げている。 ワーク・ライフ・バランスの充実にも取り組む方針で、本部で……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ