string(52) "/news/news_tag/%E5%A5%B3%E6%80%A7%E6%B4%BB%E8%BA%8D/"
string(8) "news_tag"

『女性活躍』の労働関連ニュース

2018.01.18【労働新聞】
女性集め座談会実施 来年度全国へ取組み拡大 全日電工連 NEW

 47都道府県の電気工事業組合を束ねる全日本電気工事工業組合連合会(=全日電工連、米沢寛会長)は女性の入職および活躍推進をめざし、初めて「座談会」を実施した。来年度以降、全国各地で同様の取組みを進め、女性活躍を推進していく方針。 電工分野において、女性の労働者数は少ないのが現状で、「女性に焦点を当てた事業はあまり取り組んでこなかった」と同……[続きを読む]

2018.01.16【労働新聞】
企業は正社員増加を 福岡経済同友会が提言 NEW

 福岡経済同友会(貫正義代表幹事ほか2人)は、国の政策の質的な向上をめざし、「福岡から日本を変える」と題する提言をまとめた。 提言では、わが国の抱える課題を5つ取り上げている。たとえば、所得格差の拡大と若者の貧困について、非正規雇用率が高まってきており、将来に対する希望が持ちにくい状況に置かれているとした。英米のように、階級間の対立や社会……[続きを読む]

2018.01.12【労働新聞】
転勤備え学校と提携 子育て世代サポート 地銀

 ㈱八十二銀行(長野県長野市、湯本昭一頭取、3232人)は、主に女性行員の復職および離職防止対策として、県内で保育事業を営む学校法人信学会と今月1日に提携を結んだ。 提携により、年度途中での転勤や、育児休業からの復職時に、3歳以上の未就学児を預かってもらえる環境を整えた。突発的な延長保育にも対応可能となる。 地銀では子育て世代の行員をサポ……[続きを読む]

2017.12.11【労働新聞】
仕事への配置で差 「同一コース」内男女 連合調査

 職場における男女平等を探った連合の調査によると、コース別雇用管理制度のある企業の過半数が、性による扱いで違いを設けていることがうかがえる実態が分かった。 同じ「総合職コース」で働いている男女双方に異性と比べた扱いの差を感じるかを尋ねたところ、総合職女性の43.1%、同男性の39.6%しか「男女による扱いの差を感じない」と回答しておらず、……[続きを読む]

2017.11.22【労働新聞】
【フォーカス】トヨタカローラ埼玉/女性活躍推進対策 業界他社に先駆けPT結成

アイデア集めて実施 時間単位年休なども整備 トヨタカローラ埼玉㈱(埼玉県上尾市、茂木喜明代表取締役社長、716人)は、職場内で少数の女性社員がより活躍できるよう取組みを展開する。2008年に業界内の他社に先駆け、女性のみのプロジェクトチーム「Cハピネス」を結成。顧客サービス向上などについて、女性の意見やアイデアが認められやすい風土をつくっ……[続きを読む]

1120-15-01-a

年月アーカイブ

ページトップ