『医師』の労働関連ニュース

2022.02.07 【労働新聞 ニュース】
請求が2万件超える 3年のコロナ関係労災 厚労省

 昨年の新型コロナウイルスに関する労災の請求件数が2万件を超え、2万902件に上ったことが厚生労働省のまとめにより分かった。このうち1万8324件を労災と認定している。認定率は87.7%だった。月別の請求件数をみると、…[続きを読む]

2021.12.02 【労働新聞 今週の視点】
【今週の視点】猶予措置後への法整備加速 運転拘束時間を短縮

医師・残業上限で省令案  働き方改革関連法が施行されて2年半が経過したが、猶予措置終了(令和6年3月末)後の取扱いに関する法整備が加速している。「自動車運転の業務」に関連しては、「改善基準」で定める拘束時間・休息期間等を見直す。「医業に従事する医師」については5区分に分けた規制を予定しているが、一般的な医業で年間上限を960時間とする等の……[続きを読む]

2021.11.11 【労働新聞 ニュース】
医師の時間外上限 原則年960時間に 改正省令案まとめる 厚労省

特例で年1860時間も  厚生労働省は令和6年4月に施行となる医師の時間外・休日労働の上限に関する省令案をまとめた。一般的な医業に従事する医師の上限を1カ月100時間未満かつ年960時間以下とする一方、地域医療の確保や技能向上のために上限を超えざるを得ないケースが想定されるとして、特例水準を設けている。特例水準は年1860時間を限度とする……[続きを読む]

2021.08.11 【労働新聞 ニュース】
医師の時間外規制向け準備 厚労省がセミナー

 厚生労働省はこのほど、オンラインによる医師の働き方改革セミナーを開催した。  2024年4月から医師の労働時間の上限規制がスタートするため、医療機関などにおいて働き方改革へ向けた様ざまな取組みが始まっている。  セミナーでは、医療機関の勤務環境改善に資する機器や勤怠管理システムを開発するメーカー、勤務環境改善コンサルタントなどが参加した……[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。