『労働災害防止』の労働関連ニュース

2020.01.13 【安全スタッフ】
年末の無災害へ 墜落防止を確認 兵庫労働局 NEW

 兵庫労働局(畑中啓良局長)は昨年12月19日、建設現場の安全パトロールを実施し、年末年始の労働災害防止対策の強化を事業者と発注者に要請した。  神戸市発注の「HAT神戸新設小学校・特別支援学校新築工事」(施工:大豊・神鋼興産JV)を巡視した畑中局長は、高所作業での安全な作業床や墜落制止用器具の使用など墜落・転落防止対策を確認(写真)。現……[続きを読む]

2020.01.10 【安全スタッフ】
【特集1】相互巡視で改善点を指摘 担当工区越えて注意事項共有 鉄道工事の無事故無災害へ/西武鉄道新宿線(中井駅~野方駅間)連続立体交差事業安全衛生管理研究会

 西武鉄道新宿線の連続立体交差事業では、施工会社が担当工区を越えて、お互いの現場を巡視して改善点を指摘し合っている。今号特集1では、35回目の開催となった安全衛生管理研究会の活動に密着。厳しい目で危ない場所はないかをチェックし、鉄道事故、労働災害の未然防止を図っている。 2カ月に一度工区を変えて開催  東京都、中野区、西武鉄道㈱が連携し、……[続きを読む]

2019.12.26 【安全スタッフ】
【特集1】潜むリスクを漏れなく管理 登録システムで進捗状況可視化 危険源把握し災害未然防止へ/IHIエアロスペース

 ㈱IHIエアロスペース(本社:江東区、従業員数約1000人)は、10年以上にわたってリスクアセスメントで災害の芽の摘み取り、事業所内の安全確保に精力的に取り組んでいる。主要工場である富岡事業所ではリスク登録システムを構築し、データベースによる対策の進捗状況の可視化、承認手続きでリスクを漏れなく100%の管理を進めている。一度きりの試験作……[続きを読む]

2019.12.10 【安全スタッフ】
【特集1】“いいふれあい”の好事例を共有 社長主催安全会議で活動発表 「9つの誓い」社内へ浸透 日揮㈱

 国内外で石油精製プラントや発電プラントなどの設計・機材調達・建設工事を手掛ける日揮㈱(略称:JGC)は、毎年7月にSafety Dayを設定し、社長主催の安全会議を開催している。健康・安全・保安・環境をテーマとした会議には全社員が参加。協力会社社員との良好なコミュニケーションから災害防止へつなげる“いいふれあい運動”の好事例を国内外の工……[続きを読む]

2019.12.10 【安全スタッフ】
【特集2】意識向上へ「7原則」導く 安全文化醸成活動が奏功 月別に重点行動を周知 東芝エネルギーシステムズ京浜事業所

 災害を未然に防止するためには事業所全体の安全意識を高め、従業員一人ひとりの安全感度を高める必要がある。東芝エネルギーシステムズ㈱京浜事業所(神奈川・横浜市)では、事業所長をトップに各部長からなるワーキンググループを結成し、意識向上につながる「安全文化の7原則」を導き出した。同社では「安全最優先の価値観」「トップのリーダーシップ」などの7……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ