『労働条件』の労働関連ニュース

2022.08.12 【労働新聞 ニュース】
特定求人メディア 12月31日まで届出必要 業務運営要領を公表 厚労省 NEW

e-Govの申請通じて  厚生労働省は10月1日から適用する「募集情報等提供事業の業務運営要領」を公表した。求職者の情報を収集する事業者を新たに「特定募集情報等提供事業」と定義し、届出制を導入したことを受け、該当する事業者には12月31日までにe-Govの電子申請を通じて届け出るよう求めている。届出制の対象になるのは求職者個人を識別できる……[続きを読む]

2022.07.11 【労働新聞 ニュース】
派遣の指導数2倍に 同一賃金対応不備で 東京労働局監督状況

 東京労働局(辻田博局長)が取りまとめた民間人材ビジネス事業者に対する指導監督状況によると、令和3年度に文書による是正指導に至ったのは1911件で、前年度から約2倍に増加したことが分かった。同労働局需給調整事業部は、昨年4月から中小企業にも同一労働同一賃金が適用された影響が大きいとしている。  指導内容については、…[続きを読む]

2022.06.03 【労働新聞 ニュース】
下請の賃上げ考慮を 適正取引へ振興基準改正 経産省

 経済産業省は、下請取引の適正化に向けて「振興基準」を全面的に改正する。このほどまとめた改正案には、新規事項として「下請事業者が賃金の引上げにより労働条件を改善できるよう、十分協議したうえでの取引価格決定」との項目を追加した。引上げ水準については、地域などを考慮するほか、できる限り親事業者内での引上げ率に見劣りしない水準となるよう努めるこ……[続きを読む]

2022.05.25 【労働新聞 今週の視点】
【今週の視点】退職届の錯誤無効認める 会社側が筋道を用意

自由意思へ介入は慎んで  大手警備会社で働いていた労働者が労働契約上の地位確認などを求めた訴訟で、東京地方裁判所は退職の意思表示を錯誤により無効とした(本紙4月18日号2面参照)。本事案では警察への連行を匂わせながら、あらかじめ用意した退職届に署名させるなど、会社側がストーリーを立てていたようにもみえる。いくら辞めてもらいたかったとはいえ……[続きを読む]

2022.05.23 【労働新聞 ニュース】
賃金支払いの相談減 申告は200件超に増加 山形労働局

 山形労働局(小森則行局長)は、令和3年の法定労働条件に関する相談件数は6324件で、前年比598件(8.6%)減少したと発表した。相談内容では、2年は1447件に達していた「賃金の支払い」が同655件減と大幅に減少し、792件に留まっている。一方、「労働時間」が同79件増の1249件で最多となった。労働者が行政指導を求めて労働基準監督署……[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。