『労働時間』の労働関連ニュース

2018.12.12 【労働新聞】
複業を週15時間解禁 正社員は短時間勤務に ネットワンシステムズ NEW

 IT業のネットワンシステムズ㈱(東京都千代田区、荒井透代表取締役社長COO)は、自社の社員が他社で働いたり、他社の社員が自社で働いたりする「マルチジョブ(複業)制度」を導入した。フルタイムの正社員が同制度を利用する場合、短時間勤務に移行するのが特徴だ。 同社の社員が他社で働く場合、会社に対して申請書を提出させる。自社に不利益を与える就労……[続きを読む]

2018.12.03 【労働新聞】
【今週の視点】荷主側も危機感持ち関与を

トラック業の時短で ガイドラインに手順明記 国土交通省は、トラック運転者の労働時間削減に向けて、運送事業者と荷主企業における取組み手順・方法を示した長時間労働改善ガイドラインを作成した。運転者が疲弊する状況下では安全で安定した輸送が行えなくなるため、荷主側においても危機感を持ち、同ガイドラインを踏まえて積極的に労働時間削減に向けた環境整備……[続きを読む]

2018.12.03 【労働新聞】
SCSK・副業解禁 同業他社へ就業認める 1カ月最大で50時間

外部社員受入れも始める ITサービス大手のSCSK㈱(東京都江東区、谷原徹代表取締役社長執行役員COO)は来年1月から、社員に他社での就労を認める「副業」を解禁する。最大で1カ月当たり50時間の就業を認める。副業先で新たな知見や技術を獲得したり、イノベーションを創出したりするのが狙いで、同業他社への就業も可能にした。同時に、他社で働く人材……[続きを読む]

2018.11.26 【労働新聞】
働き方改革で好事例集作成 経団連

 経団連は、長時間労働の是正やテレワークなど柔軟な働き方の導入、健康経営などの働き方改革に積極的に取り組む企業15社の事例集をまとめた。社員が自律的に働く企業をめざして柔軟な働き方を導入した㈱アシックスや、スケジュール管理ソフトを徹底的に活用して業務効率化を図るカゴメ㈱など先進事例を掲載している。…[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ