『働く人に安全で安心な店舗・施設づくり推進運動』の労働関連ニュース

2017.01.28 【安全スタッフ】
災害多い企業本社へ直接指導 チェックリスト活用し取組み促す 厚労省・三次産業の安全推進運動で

 厚生労働省と中央労働災害防止協会は、労働災害の発生件数が多い小売業、社会福祉施設、飲食店の3業種への取組みを強化するため、「働く人に安全で安心な店舗・施設づくり推進運動」をスタートさせた。厚労省は、死傷病報告の提出が目立つ多店舗展開企業などの本社に対し、労働局や労働基準監督署の職員が直接訪問するなどして、経営トップによる安全衛生方針の表……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ