『健康管理』の労働関連ニュース

2019.04.12 【労働新聞】
減額なしで65歳定年 再雇用者70人も対象 国際興業

 乗合バス、観光バス事業などを展開する国際興業㈱(東京都中央区、南正人社長)は、乗務員職に65歳定年制を導入する。60歳到達時の賃金を100%維持するもので、すでに再雇用されている者についても、本人が希望すれば改めて正社員として雇用する。  制度の対象には、…[続きを読む]

2019.04.12 【安全スタッフ】
健康手帳対象に追加 オルト―トルイジン 労政審が了承

 厚生労働大臣は、「労働安全衛生法施行令の一部を改正する政令案要綱および労働安全衛生規則の一部を改正する省令案要綱」について労働政策審議会に諮問し、「妥当」との答申を得た。  染料や顔料などの原料に使われているオルト―トルイジンの製造・取扱業務を健康管理手帳の交付対象業務に追加するとしている。同業務に5年以上従事していることが交付要件とな……[続きを読む]

2019.04.10 【安全スタッフ】
健康情報を一元管理へ ずい道建設労働者のじん肺 建災防がシステム構築

 建設業労働災害防止協会は、ずい道建設工事に従事する労働者の長期的な健康管理を行うため、健康情報を一元的に管理できるシステムを構築した。ずい道建設労働者は、工事ごとに事業者が変わることが多く、流動性も高いことなどから、各事業者が持つ健康診断などのデータを集約しづらい実態があった。建設会社が労働者の同意を得て健康情報を建災防に登録することで……[続きを読む]

2019.04.02 【労働新聞】
健康管理手帳の対象業務を追加 厚労省

 厚生労働省は、健康管理手帳制度の対象業務を追加する労働安全衛生法施行令改正案および労働安全衛生規則改正案について、労働政策審議会の了承を得た。  同制度は、がんや重度の健康障害を生ずる恐れがある業務に従事していた人のうち、一定の要件を満たす人が離職する際などに手帳を交付し、無償で健康診断を実施するもの。  政省令改正により、染料などの原……[続きを読む]

2019.04.02 【労働新聞】
段階的に就業中禁煙 ソフトバンク4月から 健康管理対策を強化

 ソフトバンク㈱(東京都港区、宮内謙代表取締役社長執行役員兼CEO)は4月から、就業中の禁煙実施などにより社員の健康管理対策を強める。  就業中の禁煙対策は段階的に実施する。4月からは、プレミアムフライデー実施日に当たる毎月最終金曜日に就業中を禁煙にする。10月以降は毎週水曜日も対象日に加え、来年4月以降は全面的に禁止する。  全国の事業……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ