『休業災害』の労働関連ニュース

2019.06.25 【安全スタッフ】
【特集1】職場の熱中症が急増 暑熱リスク下げる環境整備を WBGT値で作業時間検討も

 猛暑の影響で、職場の熱中症発症者が増えている。昨年は死亡者28人、休業4日以上の重症者1178人の異例の事態となった。気温のみで熱中症の危険を判断せず、WBGT値(暑さ指数)をリスクとして評価し、作業環境や作業の管理を考えることが対策の基本だ。リスクを低減させるために作業環境の整備や連続作業時間の調整などの対策が求められる。暑さが本格化……[続きを読む]

2019.01.25 【安全スタッフ】
休業災害が製造業で781人増加 厚労省 平成30年労災速報値

 厚生労働省は、平成30年の労働災害発生状況(1月7日現在速報値)を発表した。休業4日以上の災害は11万3579人で、前年同期の速報値よりも5469人(+5.1%)増加した。陸上貨物運送事業(+941人)、製造業(+781人)での増加が目立った。第三次産業は、小売業(+888人)、保健衛生業(+798人)など合計で3247人の増加した。一……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ