『人材確保』の労働関連ニュース

2021.08.16 【労働新聞】
柔軟に休業日を設定 百貨店へ提言まとめる 経産省研究会

 経済産業省が設置した百貨店研究会(座長・伊藤元重学習院大学教授)は、百貨店が抱える課題や将来の方向性に関する報告書をまとめた。少子高齢化・人口減少のなかで働き手を確保するため、営業時間や休業日の柔軟な検討・設定が重要との認識を示している。  同業界が今後も接客にコストをかけることを強みとしていく場合、…[続きを読む]

2021.08.12 【労働新聞】
テレワーク関連ニュースまとめ【2021年4月~7月】

このページでは、2021年4~7月に配信したテレワークに関する記事をまとめてご紹介します。 【テレワークで通達 労災の増加を想定し 厚労省】 厚生労働省は、都道府県労働局長あてに、令和3年度の「労災補償業務の運営に当たって留意すべき事項」について通達した。 https://www.rodo.co.jp/news/103617/ 【押印削減……[続きを読む]

2021.08.10 【労働新聞】
労働裁判ニュースまとめ【2021年1月~3月】

このページでは、2021年1~3月に配信した労働問題に関する裁判についての記事をまとめてご紹介します。 賞与期待権侵害を認めず 年収は想定に留まる 東京地裁 日産自動車㈱(神奈川県横浜市、内田誠代表執行役社長兼最高経営責任者)で6カ月半働いた労働者が、賞与に関する期待権を侵害されたとして、140万円の支払いを求めた裁判で、東京地方裁判所(……[続きを読む]

2021.07.16 【労働新聞】
中小企業に助言を オンライン採用実施で 東商要望

 東京商工会議所(三村明夫会頭)は、「国の中小企業対策に関する重点要望」をまとめ、オンラインによる採用活動への支援を訴えた。多様な人材の確保および活躍に向けた環境整備を柱の一つに掲げ、オンラインによる採用活動の…[続きを読む]

2021.07.15 【労働新聞】
【フォーカス】荏原製作所/リファラル採用 若手1250人が“協力者” 新卒と中途で18人獲得

カジュアル面談の開始も  産業機器メーカーの㈱荏原製作所(東京都大田区、浅見正男代表執行役社長、1万7480人)は、多様な人材の確保を目的にリファラル採用を推進している。新卒・中途を問わずに行っており、直近2年間で合計18人の獲得に結び付けた。リクルーターとなる「協力者」は、若手や中途入社者を中心に1250人が担当する。募集するポストや要……[続きを読む]

ページトップ