『中災防』の労働関連ニュース

2022.06.24 【労働新聞 ニュース】
転倒災害防止へ 3カ所で説明会 神奈川労働局 NEW

 神奈川労働局(西村斗利局長)は、直近3年間で労働災害が増加傾向にあることを受け、災害型別で最多を占める転倒災害を防止するための説明会を開いた。横浜・平塚・相模原の3カ所で開催し、企業に広く対策を呼び掛けている。  初回は6月15日、横浜で開催した。中央労働災害防止協会の飯田源専門役が講師として登壇し、…[続きを読む]

2022.06.15 【安全スタッフ ニュース】
災害根絶に努力誓う 奉賛会が春の慰霊祭 霊堂建立50周年

 公益財団法人産業殉職者霊堂奉賛会は5月14日、高尾みころも霊堂(東京都八王子市)で春の慰霊祭を開催した。同会は、産業災害により殉職した人の御霊を合祀奉安する霊堂の運営に協力する団体。毎年5月に慰霊祭を行っており、今年は、昭和47年5月の霊堂建立から50周年に当たる。  大石明理事長は「産業災害の根絶に向けた努力を重ねていくことが、遺族に……[続きを読む]

2022.06.14 【安全スタッフ ニュース】
ロール機事故体感VRを共同で開発 明電舎と中災防

 ㈱明電舎と明電システムソリューション㈱、中央労働災害防止協会は、共同で「VR安全体感教育」の新たなコンテンツを開発した。製造業の現場では、はさまれ・巻き込まれにより重篤な労働災害となる割合が高いことから、共同開発の第一弾として、ロール機での事故をバーチャル体感する「ロール機への巻き込まれ」編を5月25日にリリースした。  中災防が労働災……[続きを読む]

2022.06.10 【安全スタッフ 特集】
【特集2】転倒予防で体力チェック 歩行能力、バランス測る 意識と体のズレに気づく 中災防が動画教材

 中央労働災害防止協会は、転倒災害の予防のための体力チェックを指南する動画教材を作成した。歩行能力や動的バランスなどを把握できる5つの計測方法により、自分の意識と実際の体力とのズレに気づくことができる。計測結果がレーダーチャート上で見える化できるのが大きな特徴だ。 2ステップの長さ測定  転倒災害は、休業4日以上の死傷者数の実に4分の1を……[続きを読む]

2022.05.30 【安全スタッフ ニュース】
転倒予防へチェック 動的バランスを把握 中災防・無料動画示す

 中央労働災害防止協会は、転倒災害の予防に役立つ体力チェックの方法を解説する動画教材「転びの予防 体力チェック」を作成した=写真。歩行能力や動的バランスなどを把握する5つの計測方法によって、自分の意識と実際の体力の違いに気づくことが可能になる。評価基準に落とし込み、レーダーチャートで視覚化されるので分かりやすい。中災防のウェブサイトから無……[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。